西野七瀬
西野七瀬

 AKB48ブレイクとともに迎えたアイドル戦国時代。アイドルを見て、たくさんの勇気をもらった者。その生き様に感動し、心震えた者。また、彼女たちの中には、いま第一線で活躍するアイドルの道標となった者もいる。先駆者なくしていまのアイドル界はないと言っても過言ではない。2020年を迎えたいま、アイドルに精通する著名人とともに「2010年代最強アイドル」は誰だったのか、徹底的に考えようじゃないか。

【人気記事】東雲うみ「中学ぐらいからは、太宰(治)とか遠藤周作とか純文学にハマって(笑)」【独占告白2/9】【画像61枚】

■ライター 大貫真之介「表情の繊細なグラデーションで多くの人を魅了」

 アイドルに評価軸があるとしたら、僕の中では“表情”が占める割合は高いのですが、その想いを強くさせたのが西野七瀬でした。始まりは13年3月、『君の名は希望 DANCE&LIPver.』MVの最後に見せた柔らかい笑顔。1年後、グループのセンターとなった彼女は、その表情の繊細なグラデーションで多くの人を魅了したのです。

 歌番組でカメラに抜かれた時、一旦目を伏せてから微笑むメソッドは彼女の発明でしょう。生駒里奈は西野を「乃木坂46の儚いイメージを作り上げた」と評しています。

【関連記事】

・乃木坂46西野七瀬、未公開グラビア【EX大衆3月号】

・徳江かな「えちえち清純派」いもうと系グラドルが大胆に変身っ!【写真8枚】

・白宮奈々「ミニマムボディにたわわ果実」魅せる美肌【写真10枚】

・多田あさみ「赤い下着でイチャイチャ」お風呂で洗いっこにも挑戦!【画像39枚】

・Gカップグラドル芦屋芽依「表情は、前よりがんばってるかなーって思います」【写真13枚】【独占告白11/12】

・ゆうみ「子どもの父親を誘惑!」胸にテープを巻いてベッドで迫っちゃう【写真36枚】