平手友梨奈
平手友梨奈

 AKB48ブレイクとともに迎えたアイドル戦国時代。アイドルを見て、たくさんの勇気をもらった者。その生き様に感動し、心震えた者。また、彼女たちの中には、いま第一線で活躍するアイドルの道標となった者もいる。先駆者なくしていまのアイドル界はないと言っても過言ではない。2020年を迎えたいま、アイドルに精通する著名人とともに「2010年代最強アイドル」は誰だったのか、徹底的に考えようじゃないか。

【人気記事】“童顔巨乳”桜木こなみ「わがままボディ」を限界露出【画像11枚】

■ライター 荻原梓「最高の大衆批判アイドル」

 アイドルブームが峠を越え始めた2010年代後半に平手友梨奈は登場しました。所属するのが秋元康のプロデュースするグループだというそのイビツな構造もまた彼女の存在を特殊なものにしていたと思います。

 鋭い目付き、低い声、強い言葉……。当初、彼女が背負わされたアイドル像は、ある意味国産ガールズクラッシュ的な、山口百恵中森明菜ラインの世間の好みそうな力強いヒロイン像でした。

 しかし、徐々に虚実が乖離し、等身大のあどけない10代の少女の一面もクローズアップ。そしてそれすらも“アイドル化”してゆきました。やがてカッコイイ平手友梨奈も、かわいいてちも、人々の消費の対象となったのです。

【関連記事】

・欅坂46小林由依&森田ひかるの本誌未掲載カット7枚を大公開!【EX大衆5月号】

・徳江かな「えちえち清純派」いもうと系グラドルが大胆に変身っ!【写真8枚】

・白宮奈々「ミニマムボディにたわわ果実」魅せる美肌【写真10枚】

・Gカップグラドル芦屋芽依「表情は、前よりがんばってるかなーって思います」【写真13枚】【独占告白11/12】

・多田あさみ「赤い下着でイチャイチャ」お風呂で洗いっこにも挑戦!【画像39枚】

・清水あいり「胸元がぱっくり開いてる」競泳水着から飛び出しかけちゃった【写真30枚】