NMB48坂本夏海が最後の晩餐に決めている⁉店をネット検索で推理の画像
※写真はイメージです

アイドル食堂・第25回 TOMBOY

■最後の晩餐はチーズナンと決めている

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 アイドルだってメシを食う。新型コロナで「ステイホーム」は続くが、メシの心配はつきまとう。収録や撮影のあらかたがキャンセルや延期となり、自宅蟄居を強いられる芸能人の取材をしても、異口同音に唱えるのは、「毎日の献立を考えるのにも疲れた」との台詞。

 そんな合間を見てはアイドルのTwitterを眺め、本連載の素材も探すのだが、さすがにみんなコロナ疲れか、食事の写真をアップしなくなってきた。そもそも外食には行けませんから、あっても、テイクアウトかデリバリー。外食でたまの贅沢や息抜きをするにも、ロケーションが大事なのだとつくづく思わされる。それが仮にマクドナルドの、全世界一律のあの店内の雰囲気であっても、すでに懐かしい……。

 緊急事態宣言も5月14日に39県では解除されたが、ふと考えるのが48プロジェクトでも、地方(海外を除く)に拠点を置くグループの動向だ。残りの8都道府県のうち、これらご当地グループがあるのは、実は東京(AKB48)、大阪(NMB48)だけ。他は愛知(SKE48)に福岡(HKT48)、新潟(NGT48)に瀬戸内7県(STU48)と、すべて宣言は解除された。

 SKEもHKTもNGTも地元(ないし周辺地域)出身者の比率は高いが、それでも100%ではない。HKTでいえば、歴代のメンバーの約4分の1が他地域からの編入組。「ステイホーム」事情も各々で変わってくるはずだ。非・地元組はコロナ蔓延以降、帰郷している様子もうかがえる。例えばMNBのオフィシャルブログで、東京出身の坂本夏海は先月9日付の担当回でこう書いている。

「わたしは、今は実家に帰ってきてるよー! 最近は、毎朝7時くらいに起きて… 体温を測って…(平熱36.7度) 犬とご挨拶を交わし… 窓を開けて、 『今日も良いお天気だな~』と 日本の四季を全身で体感し…テレビを観ながら紅茶を飲む」

 と毎日のルーティンを公開。28日の回では「スフレパンケーキwithスパム&Egg」を自作し、理想にはほど遠かったと告白もしている。料理にも人並み以上の興味があるようだ。そこで彼女の好物をチェックすると、チームMドラフト研究生だった18年4月、最初に上記ブログに登場した際、こう書いていた。

「インド料理が大好きで、特にバターチキンカレーとナンが好きです!! チーズナンは今のところ 最後の晩餐に食べるって決めています!!」

【関連記事】

・板野友美「いちごが邪魔」キャミソールショット公開もあわや“ポロリ”?

・弘中綾香「バラエティしかやりたくない女子アナ」が目指す価値の転覆

・ゆきぽよが『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場!【写真4枚】

・白石麻衣「有名アイドルであることの憂鬱」を描いてきた個人PV【乃木坂46「個人PVという実験場」第7回 2/4】

・元NMB48渡辺美優紀「“ゆるふわ美胸ショット」披露に大反響!