あんにゅい豆腐
あんにゅい豆腐

コスプレイヤーあんにゅい豆腐 独占告白1/3

 多くのコスプレイヤーが集結した賞レースを勝ち抜き、『ヤングキング』(少年画報社)10号の表紙を飾ったあんにゅい豆腐さん。EX大衆6月号(5月15日発売)では、ファンの方への感謝や“プロコスプレイヤー”についての考え方について語っている。本サイトでは、未掲載カットとインタビューを3回にわたってお届けする。

【写真】コスプレイヤーあんにゅい豆腐「少女ではないけど、大人っぽくはなれない!」【独占告白1/3】【写真16枚】

――元々、“宅コス”(家でコスプレをすること)をしていたそうですが、どのタイミングでイベントに参加するようになったんですか?

 中学の友達から「世界コスプレサミット」というイベントに誘われて、『ささみさん@がんばらない』というラノベ発のアニメのキャラクターを2人でコスプレしました。それが楽しくて、“宅コス”を抜け出したキッカケになりました。

――なるほど。ちなみにコスプレしていない時期もあったそうですね。

 2年ぐらいかな? どうしてもリアルが楽しくなってしまったんです。アニメも好きだったんですけど、イベントに行くとか衣装を作るとか、そういった意欲が湧かなかったんです。

――活動を再開し始めたのには理由が?

 知り合いがカメラを始めてその撮影に誘われて、ヌルっと再開し始めました(笑)。

――活動していない期間に投稿した写真がバズったことから、今もコスプレを続けているのではないかと推測されていました。バズった理由はなんですかね。

 んー……少女好きが多かった(笑)。

――自分のビジュアルを少女っぽいと感じます?

 少女っぽい感じとは思っていないんですけど、大人っぽくはなれないなと思っています!

――ファンの人は幼い雰囲気の人が好きなんですかね?

 ですかね? 最近は「大人っぽくなっちゃったね」って言われる。「なっちゃったね」ってことは、いいことではないなと!

――(笑)。今はコスプレイヤー以外にもお仕事されているんですか?

 まつげエクステンションの施術をしています。美容師免許も持っているんですけど、美容師は一切やってないです。

――いわゆるアイリストという仕事なんですね。どうしてまつげエクステンションの仕事を?

 お金が良かったから……(笑)。

――仕事自体は楽しい?

 楽しいというか、向いてるなって。細かくて人と喋らないでも大丈夫なので。

――マツエクしてる時はお客さんと喋らないんですね。

 みなさん寝てますしね!

(取材・文=鳥羽竜世、写真=ごい)

PROFILE

あんにゅい豆腐(あんにゅいまめふ)

1月23日生まれ、愛知県出身

【関連記事】

・コス美女・九条ねぎVS小澤らいむ「どっちが好み?」ハイレグバニーで共演

・紗雪「神に与えられし超絶美脚」ハイレグ姿がまばゆい!

・コスプレイヤー穂南しずく「着崩れ美女と晩酌」ベロベロに酔っちゃいそう!

・コスプレイヤー椎名煌「えちかわポリスが出動!」網タイツに谷間全開

・伊織もえ「二次元超えのダイナマイトHカップ」ブロンド美女を再現!

・あまつ様「センセイが教えてあげる」谷間とストッキング太ももで誘惑