■6月4日 虫の日 荒川真衣

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

「6=む、4=し」の語呂合わせから制定された記念日ということで、アイドル界屈指の昆虫好きをご紹介しよう。

 1994年生まれの荒川真衣は、「次世代昆虫食タレント」なる肩書きで注目を集める存在。現役の看護師として活動するかたわら、その抜群のルックスでグラビア活動などを行っていたが、2019年10月に放送されたバラエティー番組『アウト×デラックス』で「昆虫を男として愛している女」として紹介されたことを機にブレーク! 爬虫類&昆虫300匹とともに暮らし、昆虫を食べる姿をインスタグラムにアップする姿が注目を集める結果に。現在は「昆虫は未来の食!」と提唱し、啓蒙活動を展開している。

■6月5日 落語の日 金原亭乃ゝ香

「6=らく(→ろく)、5=ご」の語呂合わせで制定されたこちらの記念日には、美しすぎる落語家として話題になった金原亭乃ゝ香をご紹介!

 彼女は2016年に金原亭世之介門下に入門し、これまで前座として各地の寄席に参加している。そんな彼女はもともと、東洋大学のミスコンで審査員特別賞を受賞し、新橋こいち祭りの浴衣美人コンテストでファイナリストに残るなど、抜群の美貌を持ち、芸能事務所が主催する養成学校に通っていた。その授業のひとコマで出会ったのが落語で、講師をしていた金原亭世之介に直訴し、親の反対を押し切って噺家の道へ。

 古風な男社会でもある落語界に単身切り込んだ彼女。その道程は決して安楽なものではないはずだが、師匠いわく「男社会の中で女性の立ち位置を開拓していく楽しさがある」と本人が語っていたというから、かなりの女丈夫であることは間違いない。さまざまなジャンルで女性の躍進が目覚ましい昨今、落語界にも注目すべきスターの卵が巣立つ時を待っている!

【関連記事】

・真島なおみの本誌未掲載カット5枚を大公開!【EX大衆6月号】

・岡田ひかり、夏目花実、米倉ななか「福井県出身グラドル」は作品リリース少なめ⁉

・永尾まりや、横から見たバストが眩しい水着撮影のオフショットを公開

・社会に萌えキャラの居場所はあるのか?【第1回】弁護士・太田啓子さんインタビュー3/3

・現役アイドル前田美里「記者会見で最初に目がいったのは柿崎芽実ちゃんでした」【写真24枚】「坂道が好きだ!」第25回