続く速水ゆきは、“温泉美女”“温泉グラドル”の呼称で知られる存在。『出没!アド街ック天国』への出演(2017年)が人気獲得の転機となったわけだが、お湯も滴る美貌に加え、ハードなキックボクシングで培ったEカップ適乳ボディは魅力満点。目下、インスタライブなどでの見せっぷりには定評があり、久々の新作リリースに期待したいところ。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 加藤圭はミスFLASH2018のファイナリストに選ばれたのを機に一気に注目を集めた存在。一連のDVDやVRは“大胆過ぎ”路線まっしぐらで、見ているこちらが嬉しく……、いや、心配になるほど(一方で最近は“企業などのPRアイドル”ことピアドルとして、各誌各媒体などでおとなしめな活動も。さらに修行系や筋トレの過酷な動画も公開)⁉

 おそらく、大分の女子の中でも極めて異色のカテゴライズに入るタイプと思われるが(イメージの誤解は禁物!)、どこまでその道を邁進するのか引き続き興味深く見守りたい。

 ラストの安部さゆりは、Eカップ88センチの巨乳を武器に、2009年に2枚のDVDをリリース。薬師丸ひろ子やDAIGO、千葉雄大、古瀬絵理らを輩出した(中退含む)玉川大学出身であり、演劇とオペラ専攻の個性派系として撮影会でも一定の人気を獲得するも、徐々にフェードアウト。現在は結婚し、地元でタレント活動中とか?

 個性は完全にバラバラの4人だが、それぞれに強いウリやアク(笑)のようなものを持ち合わせている印象で、そのあたりは同県の象徴・指原莉乃にも通ずる部分か。とりあえず、SNS見る限り、グラビア・パワーがあり余ってる(笑)印象の速水と加藤の2人は新作DVDという形での早々の動きを熱望。

(文・織田祐二)
 

【関連記事】

・東坂みゆ「ロケット爆乳」がダンスで揺れて弾ける!【写真42枚】

・ちとせよしの「むちむちツインテール美少女」競泳水着で温泉入浴【写真39枚】

・古河由衣「なまなましいカラダ」開脚をしながらお尻をプリプリ【写真43枚】

・江藤菜摘「セクシーすぎる保育士さん」すけすけビキニ姿でフェロモン全開!【写真34枚】

・朝比奈祐未「夜の過激なアルバイト」マットプレイでローションまみれ!【写真39枚】

グラビア甲子園 都道府県代表決定戦