■6月13日 「小さな親切運動」スタートの日 古川小夏(アップアップガールズ(仮))

【人気記事】麻倉まりなが居酒屋店員として自作の曲を歌う姿に『銀河鉄道999』を思い出す

 東京大学の卒業式にて、総長の言った「小さな親切を勇気をもってやってほしい」というひと言をきっかけに、この日から小さな親切運動本部が発足したことにちなむ。小さな親切をするには、勇気とともに当然優しさも必要。ここでは、とある番組の企画で、その心優しさが絶賛されたアイドルをピックアップしたい!

 アップアップガールズ(仮)に所属する古川小夏は、1992年生まれの27歳。2004年にハロプロエッグオーディションに合格し、2010年まで活動。ハロプロエッグの研修課程を修了した彼女は、2011年からK-POPカバーダンスグループ・UFZSに加入するのと並行して、アップアップガールズ(仮)(当時はアップフロントガールズ(仮))のメンバーに。

 どちらのグループでも、担当カラーはピンク。ダンスが得意で、所属グループだけでなく、他グループへ振付を提供することも。そんな彼女は2017年に放送されたAbemaTV『極楽とんぼKAKERUTV』にて、山本圭壱が生放送中に突然おもらしをしてしまう、というドッキリを仕掛けられた。

“アイドルの優しさにカケル! 生ドッキリ! おもらしを拭く優しいアイドルは誰だ?”というこの企画で、おろおろする他のアイドルたちをしり目に、誰よりも早く山本を気遣い、濡れた床を拭いたのが彼女だった。決して小さくはない親切心を持つ彼女には、末永く活躍してほしいと切に願います!

 以上が今週の主な記念日。気になる美女がいたら、ぜひ深掘りしてみてほしい!

 あなたにとって、今日が特別な一日になりますように。

 

【関連記事】

・村上りいな「短距離は好きなんですけど、持久走は嫌いでした」【独占告白5/13】【写真54枚】

・コスプレイヤーあんにゅい豆腐「杏仁豆腐は嫌いなんですけど名前はかわいいと思って」【独占告白3/3】【写真16枚】

・【小越しほみ/小林沙弥香/松田真緒/松田蘭/松尾琉那/上村祐菜】2020年期待のレースクイーン図鑑#8【写真6枚】

・白石麻衣のソロ楽曲「じゃあね。」が描いたアイドルのポジティブな側面【乃木坂46「個人PVという実験場」第7回 4/4】

・高山一実『乃木坂工事中』リモート出演時の謎を解くカギは「昭和アイドル」好き⁉

記念日アイドルを探せ!