AKB48劇場公演が再開!「ソーシャルディスタンス公演」初日レポートの画像
(C)AKB48

■初日は、向井地美音岡田奈々の「なぁおんソーシャルディスタンス公演」“long distance”をテーマに、ふたりで考えたセットリスト全12曲を披露!

【写真】AKB48劇場公演が再開!「ソーシャルディスタンス公演」初日レポート【写真8枚】

 AKB48は、今年4月15日に『OUC48プロジェクト』を発足し、秋葉原の劇場を”おうち”に移して、様々な「おうち公演」を届けてきたが、6月13日、約2か月半振りにAKB48劇場での公演を再開した。約2か月半振りにメンバーがAKB48劇場に戻り、無観客での配信限定公演『ソーシャルディスタンス公演』を開始した。

『ソーシャルディスタンス公演』初日のステージを飾ったのは、AKB48グループ総監督の向井地美音(みーおん)と岡田奈々(なぁちゃん)のふたり。『なぁおんソーシャルディスタンス公演』は、向井地と岡田がリモート会議を重ね、“long distance”をテーマに「遠く離れていても気持ちが伝わりますように」という、ファンへの想いが込められたセットリストとなった。

 19時、overtureが流れると、ふたりがステージに登場。『遠距離ポスター』で幕を開けた。

 向井地は「久しぶりの劇場公演で、正直すごく緊張しています。こんなに緊張したのは初めてかもしれない」と語り、岡田は「ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しむことが目標です」とコメントした。

 ソロパートでは、向井地が『Pioneer』を力強くパフォーマンス。バックダンサーとして初めて劇場に立った思い出の曲『片思いの対角線』や、AKB48グループセンター試験選抜でセンターになった『君は僕の風』など4曲を披露した。

 一方、岡田は、向井地に所縁のある『だらしない愛し方』『Iʼm crying』『誰が私を泣かせた?』の3曲を披露。また、『この涙を君に捧ぐ』では、曲間で「みなさんいつも応援ありがとうございます。この状況が、まだまだ続くとは思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!」とファンへの感謝の気持ちを伝えた。

 終盤は、岡田の初センター曲『ジャーバージャ』、向井地が大島優子(卒業生)からセンターを引き継いだ『ヘビーローテーション』と、ふたりの思い入れの強いアップテンポなシングル曲を歌唱。これまで培ったステージ感覚で、ときに近づきがちなふたりだったが、ソーシャルディスタンスに苦心しながらも、距離を保つことを意識したパフォーマンスを披露した。

 最後は『翼はいらない』を歌い上げて、この日の「なぁおんソーシャルディスタンス公演」は幕を閉じた。

【関連記事】

・板野友美「意外とデカい!」美しすぎる谷間にファン興奮

・えなこが表紙&グラビアに登場!両面クリアファイル、両面ポスターつき【EX大衆7月号】は6月15日発売!

・島崎遥香「リアルお人形さん」26歳にしてはじめての“ロリータ”に挑戦!?

・荻野由佳「埼玉県出身のNGT48メンバー」が愛する新潟のローカルフード

・平手友梨奈「最高の大衆批判アイドル」byライター 荻原梓「2010年代それぞれの最強アイドル」