こうして見ると、ほぼ2000年代に限られてはいるものの、タイトル獲得の者が何人もおり、空前のグラドル最盛期の時流にあって、しっかりシーンをリードしていた県の一つといえるだろう。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 とはいえ、トータルな特徴として、白鳥(88センチ)と金井(90センチ)以外、巨乳勢はおらず(周知のように、100センチの餅田は立ち位置としては異色のグラドル)、寂しいものが。松嶋ののか(彼女もミスヤングチャンピオン2011獲得)などは84センチにしてFカップあったようだが、県をリードした存在と呼ぶのはいかんせん無理があり……。「彼女はちゃんと90センチあったぞ!」といった声が聞かれそうな仲倉静香も、県の代表格と呼ぶのはやはり無謀だろう。

 あらためて振り返るに、いまさらながら、白鳥の唐突なフェードアウト劇が真に惜しまれる(2005年の、あまりに早すぎた瀬戸の熱愛報道も同様!?)。仮にあの事態がなければ、宮城グラドル、ひいては日本のグラドル・シーンはどうなっていたか? 

 2006年から2008年あたりといえば、原幹恵相澤仁美谷桃子木口亜矢、北村ひとみ(水樹たま)、愛衣松本さゆきらがシーンを席巻していた時代であり、そこに白鳥も加わっていれば……。その後10年以上にわたり、救世主と呼ぶべき王道の存在が出てこないのは非常に残念で由々しき事態といえ、早急な登場を望みたい次第。

 本家はともかく、グラドル甲子園的には、東北勢の白河の関越えは何度も果たされているものの(青森県の細川ふみえしかり、秋田県の壇蜜しかり、山形県の青木裕子橋本マナミしかり)、こと宮城に限っては、なぜか微妙な按配で気になるところ。

 筆者的には当面、目下の超新“星”にして、ミルキーウェイ娘こと(勝手に命名)、話題の巨乳グラドル(88センチ)の星川沙羅(21歳。5月にデビューDVD『ときめきデビュー』リリース)の動向に俄然注目していくということで。以上、やや不本意な内容ながら、宮城県グラドルに関する本稿を締めたい。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・東坂みゆ「ロケット爆乳」がダンスで揺れて弾ける!【写真42枚】

・ちとせよしの「むちむちツインテール美少女」競泳水着で温泉入浴【写真39枚】

・古河由衣「なまなましいカラダ」開脚をしながらお尻をプリプリ【写真43枚】

・江藤菜摘「セクシーすぎる保育士さん」すけすけビキニ姿でフェロモン全開!【写真34枚】

・朝比奈祐未「夜の過激なアルバイト」マットプレイでローションまみれ!【写真39枚】

グラビア甲子園 都道府県代表決定戦