ミスFLASHグランプリとミスヤングチャンピオンに妙に縁が深いのは興味深いといえそうだが、一方で、(なぜか)受賞後の動きが目立たずというパターンも見られ(その意味で、白宮奈々の動きには俄然注目)、昨今の兵庫県勢のジンクスともいえそう?

他の水着記事を読む

 最後に個人的に思い出深いのが、水谷さくら。当時、2度ほどロング・インタビューさせてもらったが、そのおっとりしたビジュアルとは裏腹に、歯に衣着せぬ発言がおもしろく、バラエティ能力に特に秀でたものがあったのが印象的。

 レギュラーのラジオ、MEGUMI大城美和尾崎ナナ花井美理浦えりからとともにレギュラーで活躍したドキュメンタリーバラエティ『給与明細』(テレビ東京系)での活躍ぶりがとりわけ好きだった(思えば、当時、自分はMEGUMI、大城、花井、尾崎、浦らにインタビューする機会に恵まれており、同番組はとても縁深いものがあった……)。

 そんなわけで、華やかで多くの伝統も有する兵庫県は、歴史的に見てグラドルにとっては有数の充実の地と断じて過言じゃないだろう。ちなみに今回の東京都知事選は、現職の小池百合子(芦屋市出身)と、対抗の山本太郎(宝塚市出身)の“兵庫県出身対決”も見どころの一つになっているが、グラドルもしかり。天木や白宮、肥川らが目下参戦中のグラドル戦国バトルの様相にも、引き続き注目していきたいところだ(ちと強引か)。

(文・織田祐二)

 

【関連記事】

・麻倉まりな「アルマーニの制服で話題になった泰明小学校にバス通学してました」【独占告白1/12】【写真55枚】

・来栖うさこ「ぷりぷりのお尻」をこれでもかと見せまくり!【写真7枚】

・高梨瑞樹「無邪気さと大人っぽさが同居」健康的なボディ【写真10枚】

・元OL麻亜子「理想的なボディ」彫刻のようなバストは“芸術”の域!【写真14枚】

・鈴木ふみ奈「生まれて初めてウィンドサーフィンをしました」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク4/6

グラビア甲子園 都道府県代表決定戦