だからだろうか。彼女はファンからの声や自分への反応を知るために、SNSのエゴサーチを欠かさないという。また、自分の言葉が手元から離れ、ネットニュースで嫌味ある角度で取り上げられることに対し、彼女はテレビなどで繰り返し批判的に言及している。今回も「何がそんなに不満か聞きたいです、直接。(ライターと)タイマンしたい。……なんてね」と笑った。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 仕事の入口から出口まで、あらゆる過程を知っておきたい。そうすることで仕事に責任をもちたい。そんな意志を一方で感じる。

 他方で、彼女は「なりきるのが苦手」だという。だから唯一のNGはお芝居の仕事。そんな演技への苦手意識とも関係しているのだろうか、自身がMCを務めるバラエティ番組に出演している時も、スタッフから事前に説明される番組進行の流れはあまり頭に入れない。

「ダメなんですよね、全部内容言われちゃうの。そのときの新鮮なリアクションがなくなっちゃうタイプなんで、私は。だから知っておかないくらいが、たぶんちょうどいい人なんだと思う」

 一方に、仕事のあらゆる過程を知っておきたい彼女がいる。自分のイメージを自分自身で管理しておきたい彼女がいる。他方に、仕事のすべてを知りたくない彼女がいる。手綱を離して自分を素の状態においておきたい彼女がいる。

 相反するように見えるベクトルが、彼女の中で同居する。そこで起こる乱反射。彼女のイメージの振り幅の大きさは、そんなところから来ているのかもしれない。

(文・飲用てれび)

【関連記事】

・山下美月「セラミュ」「映像研には手を出すな!」等外部作品で演技をしてきたアイドルの個人PV史【乃木坂46「個人PVという実験場」第8回 4/4】

・アイドル兼プロデューサー沖田彩華「アイドルの視察でタイに行ったりもしました」【独占告白1/11】【写真8枚】

・天木じゅん、大久保麻梨子、宮地真緒、久松かおり…様々なタイプがいる「兵庫県出身グラドル」

・麻倉まりな「“日本一レバーをうまく焼くグラビアアイドル”っていう肩書で焼き鳥焼いてました」【独占告白10/12】【写真55枚】

・現役アイドル前田美里「握手会はアイドルの素の部分が見えるところが魅力」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第30回