日向坂46宮田愛萌「大学で万葉集を学ぶ才女」が持つスマートさの画像
※画像は日向坂46『ソンナコトナイヨ(TYPE-A)(特典なし) 』より

 6月28日(日)深夜に放送された『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)では、 先週に引き続き「おたけのおバカキャラ払拭!リモート学力テスト」の企画を放送。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 この回では「2代目おバカセンターは誰だ!? 勝ち抜け早押しクイズ」と題し、ペーパーテスト成績上位のメンバーが早押しクイズで対決をしていたのだが、その結果「2代目かしこ女王」に輝いたのは2期生で現役女子大生の宮田愛萌だった。

 宮田のペーパーテストの順位は、惜しくも高瀬愛奈に敗れて2位(93/120点)だった。しかし、早押しクイズの1問目がたまたま「新元号『令和』の由来となった歌が詠まれている歌集は?」(正解:万葉集)という彼女が大学で専攻している日本文学の問題だったこともあり、宮田はペーパーテスト上位5名+高本彩花の6人のなかで誰よりも早く回答ボタンを押して正解。

「2代目かしこ女王」となった宮田にMCのオードリー・若林正恭が「ファンの方にお礼言いましょうか」と振ると、彼女は甘い声で「応援してくださった皆さん、これから愛萌と一緒に万葉集極めましょ」と、ぶりっ子なのに面白さもある絶妙なバランスのコメントをし、オードリーの2人を笑わせていたのだった。

 ちなみに宮田は放送翌日の6月29日にブログを更新。そこでは「かしこ女王」のことには一切触れず、髪を暗く染めたことや、カツセマサヒコの小説『明け方の若者たち』を読んだことなどをファンに報告していたのだが、もしかしたらそれは彼女が「『かしこ女王』になったことを自分から言うのはスマート(粋)じゃない」と思っていたからなのかもしれない。

(文・鎌形剛)

【関連記事】

・山下美月「セラミュ」「映像研には手を出すな!」等外部作品で演技をしてきたアイドルの個人PV史【乃木坂46「個人PVという実験場」第8回 4/4】

・アイドル兼プロデューサー沖田彩華「アイドルの視察でタイに行ったりもしました」【独占告白1/11】【写真8枚】

・吉岡里帆「谷間ザックリの妖艶ドレス」幻想的な雰囲気にうっとり!

・麻倉まりな「“日本一レバーをうまく焼くグラビアアイドル”っていう肩書で焼き鳥焼いてました」【独占告白10/12】【写真55枚】

・現役アイドル前田美里「握手会はアイドルの素の部分が見えるところが魅力」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第30回