随所で織り交ぜられる爆乳(当時はまだそんな言葉は浸透していなかったが)への接写が見どころではあるが、個人的オススメはなんといってもマッサージシーン。現地の本物の(?)女性マッサージ師がやるせいか、けっこうな強めの力で行われており、まだまだピュアな彼女がたまらず悶絶する場面が何度も。

他の水着記事を読む

 尻のマッサージでは日焼け跡クッキリにパンツがTバック状に食い込むこととなり、対して胸のマッサージではビキニがズレんばかりに強く揉みまくり、揉まれ放題。

途中、マッサージ師の白シャツの首回りから覗く胸元がアップになるのはご愛嬌として(カメラマンの矜持として見つけた獲物は一匹も逃したくなかった?)、このあたりの強めの刺激は10代のグラドルでは不可能な、彼女の映像ならではの醍醐味といえるのだろう。

 お姉さん系グラドル(といっても弱冠の20歳)の映像の源流的作品として、見どころ満載、見応え満点の本作。これを機に、現在もバラエティを中心に精力的に活躍中の彼女の若き日のみずみずしい姿を堪能していただきたいところ。

 加えて、2018年春、『有吉反省会』(日本テレビ系)にて大原優乃との23歳差の“W大原”のグラビアが実現したのが記憶に新しいところだが、その大原優乃は現在20歳。時代と時空を超えた20歳同士、2人の大原の水着姿をじっくり見比べてみるなんてのも一興か。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・ほしのあき、小池栄子、井上和香…グラドル黄金期を作り上げた東京出身グラドルたち

・アイドル兼プロデューサー沖田彩華「“えいさーほいさー”は劇場公演でたまたま出てきた言葉です」【独占告白11/11】【写真8枚】

・白宮奈々、白瀬由衣、白壁爽子…黒ギャルムーブメントに対抗する“白”グラドルの存在感

・かとうれいこ、橋本マナミ、手束真知子「改名でブレイクをつかんだ」アイドルたち

・緒方咲、紗雪ほか乱立する美脚グラドルの源流を探してみた

アイドルイメージDVD名作図鑑