あと、個人的に思い出深いのが、『月刊護あさな』(2009年)で鮮烈デビューを飾った護あさな(直前までの芸名は河野麻奈)や、パチンコ人気機種『海物語』の2代目ミスマリンちゃんグランプリ(2005年~2007年)や初代恵比寿マスカッツ(2009年~)で活躍した小倉遥あたり。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 護は、全盛期の藤原紀香ばりのパワフルボディを有し、ポスト井川遥の呼称も得ながら作品に恵まれなかった印象もあり、悔やまれる。小倉はマルチな趣味のスペックを生かし現在も幅広い分野で活躍中(グラビアも)。ギャル出身ならではの小麦色ボディのグラビア(特に日焼け跡を惜しみなく披露した動画!)のインパクト、充実ぶりが最高だった――。

 以上、錚々たる面々が依然並ぶ2000年代後半の東京都グラドル勢。前回もそうだが、デビュー時期と活躍全盛時は別と考えての独断の選出なので、顔ぶれについてはご容赦、あしからず。名・実・乳いずれも超ビッグな、東京が生んだあのグラドルさんは次回の登場になります。

(文・織田祐二)

 

 

 

【関連記事】

・大原かおり「20歳のお姉さん系グラドル」がマッサージシーンで悶絶する貴重なDVD

・夏本あさみ、緒方咲、松嶋えいみ…川崎あやが引退したいま「ハイレグクイーン」に名乗りを挙げる面々

・アイドル兼プロデューサー沖田彩華「“えいさーほいさー”は劇場公演でたまたま出てきた言葉です」【独占告白11/11】【写真8枚】

・白宮奈々、白瀬由衣、白壁爽子…黒ギャルムーブメントに対抗する“白”グラドルの存在感

・かとうれいこ、橋本マナミ、手束真知子「改名でブレイクをつかんだ」アイドルたち

グラビア甲子園 都道府県代表決定戦