――今のところ、これがやりたいことはない感じですか?

【写真】篠崎こころ「自分探しの旅の途中だけど、すごく楽しかったのはコスプレのお仕事でした」【独占告白4/7】【写真8枚】

 自分というものがないんですよね。でも、やってみたら「意外といいじゃん」みたいなことがあると思うんですよ。なので今は自分探しの旅の途中です。ただ、すごく楽しかったのはコスプレのお仕事でした。

――記憶に残っているコスプレのお仕事を教えてください。

 ドール型のロボットが登場する『真空管ドールズ』ってアプリゲームがあって、ミラというキャラクターのコスプレをした時が楽しかったですね。元々アニメ好きなんですけど、いつも「カッコいい自分」でいないといけないと思って、アニオタであることを公言できなかったんです。だけど、『真空管ドールズ』の時だけアニメっぽいキャラクターになれて、カワイイポーズをしてもいいんだと思えるのが嬉しかったです(笑)。

――それで言うと、同人誌即売会の「コミックマーケット」では、『魔法少女まどかマギカ』の鹿目まどかや『ローゼンメイデン』の水銀燈など、かわいい衣装のキャラが多かったですね。沢山の人に囲まれていたのが印象的でした。

 まだまだ囲み撮影に慣れてないので、毎回緊張しています(笑)。色々な角度から撮影してもらったので、好きなキャラクター毎に魅力が伝わる角度などがわかったり、SNSなどに上げていただいた写真から学ぶことばかりです。囲み撮影をしてくださっているみなさんに感謝をお伝えしたいです!

――コスプレのお仕事ってどんな部分に魅力を感じますか?

 誰かの推しになれるかもしれないっていうのが楽しいですね!

――やってみたい作品のコスプレを教えてください。

『いちご100%』の西野つかさや、『GIGANT』のパピコ、『犬夜叉』の日暮かごめ、『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希、『僕のヒーローアカデミア』トガヒミコ、『幼女戦記』ターニャ・デグレチャフ、『エウレカセブン』エウレカ、『あの娘ぼくがヲタ芸決めたらどんな顔するだろう』のルミノ、『ひぐらしのなく頃に』の北条沙都子に竜宮レナ、『ファイナルファンタジーVII』ユフィ・キサラギ、『日常』のはかせ、他にもいっぱいありますね、答えきれません(笑)。

(取材・文=鳥羽竜世)

PROFILE

篠崎こころ(しのざきこころ)

1993年7月7日生まれ、神奈川県出身。

T152。

モデル、DJ、コスプレなど様々なジャンルを横断する、モグラ女子ならぬコスモ系マルチフリーターとして活動中。

【関連記事】

・コスプレ美女JILL「ムチ尻派? 巨乳派?」ド派手ランジェリーで誘惑【画像2枚】

・イ・ユビ「腹チラかわいい」セットアップ・コーデで小悪魔な笑顔【写真3枚】

・雨宮留菜「おっぱい両方で3キログラム」のトランジスターグラマーは露出狂!?【写真5枚】

・高崎かなみ“3冠グラドル”のキッカケはマネージャーの勧めだった【写真5枚】

・コスプレ美女Yami「タイホされたい」むちむちポリスのスカートが短すぎる!【写真4枚】

・橋本梨菜「ハンモックを買ってベランダで日焼け」頑張って黒を極めます!【写真42枚】

・樹さくら「ちっぱい美少女」極小ビキニのスレンダーボディがフレッシュ!【写真42枚】