Hカップグラドル清水あいり「下着って見られるの恥ずかしい」【独占告白2/3】【画像14枚】の画像
清水あいり

清水あいり VRインタビュー 2/3

 Hカップグラビアアイドル――清水あいりが『清水あいりが先生だと目のやり場に困って捗らない、そんな世界。』『ボクの前だと清水あいりも一人のオンナ、そんな世界。』の2作品の見放題配信をPICMO VRにて開始。リリースに際して、インタビューさせていただいた。

【写真】Hカップグラドル清水あいり「下着って見られるの恥ずかしい」【独占告白2/3】【画像14枚】

――『ボクの前だと清水あいりも一人のオンナ、そんな世界。』はどんな衣装を着たんですか?

 VRなので、生々しいエロさが出る衣装を選ばせていただきました。下着風水着ですけど、本物の下着に見えるぐらいの衣装になっているんです。

――かなりセクシーな衣装なんですね。

 こんなリアルな衣装を普段は着れないです。ちょっとドキドキしながらやってました。恥ずかしいなって。

――ドキドキするんですか?

 下着って見られるの恥ずかしいじゃないですか。今、それを身に着けて撮影されているんだみたいな(笑)。

――男性目線だと、水着も下着も同じように見えてしまう方も多いと思うのですが、やっぱりぜんぜん違う?

 男性からしたらそうかもしれないですよね(笑)。でも、気持ちが違います。ダメですね、恥ずかしくて……。

――清水さんほどセクシーな方でも、下着は恥ずかしいんですね。

 恥ずかしいです!

――(笑)。どんな作品に仕上がっているんですか?

 映像を観ていることを忘れてしまうほどの臨場感があって、声のトーンや空気感とかも素に近い雰囲気になっています。

――さすがVRですね、迫力が違うと。

 あと、一発撮りなのでカメラを一回止めてしまうと、もう一度最初から撮りなおさなきゃならないんですよ。台本が多いと特にVRの撮影は大変なんです(笑)。

――今回も一発撮りで大変でしたか?

 今回の作品では台本がなく、ある程度の設定だけだったので、自由に私の意思で動かせていただきました。なので、やりたい放題やらせてもらえて、楽しかったです。

――やりたい放題とは?

 リアルでやったら「あかん」ことを、ここに詰め込んでいます(笑)。

PICMO VR
https://www.picmo.jp/

ボクの前だと清水あいりも一人のオンナ、そんな世界。
https://www.picmo.jp/video/show/3059

 

清水あいりが先生だと目のやり場に困って捗らない、そんな世界。
https://www.picmo.jp/video/show/2927


PROFILE

清水あいり(しみずあいり)

1992年12月17日生まれ、大阪府出身。

T156・B90W58H85

趣味/洋楽、映画、汗だくになること、クラヴマガ

特技/極妻のものまね、ヒップホップダンス、琉球空手(初段)、キックボクシング

(取材・文=鳥羽竜世、写真=TONY)

【関連記事】

・白壁爽子「ボディがはちきれそう!」萌系現役声優のブルンブルンHカップ【写真10枚】

・鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

・熊切あさ美「10年ぶり」40歳の美ボディを限界露出!【写真8枚】

・Gカップ美女・忍野さら「家では“裸族”ですね!保湿クリームが塗りやすい(笑)」【写真37枚】

・脊山麻理子「むちむちTバック」大人の色気がダダ漏れ!【写真15枚】

・夢見るぅ「ポロリするたびにカット」水着にぜんぜん収まらない!【写真60枚】