安田美沙子「大人っぽさと子どもっぽさの中間」独特のオーラをデビューDVDで感じたい!の画像
※画像は『ミスマガジン 2002 : 安田美沙子 [DVD]』より

アイドルイメージDVD名作図鑑 第29回

 いまでは水着姿を目にすることのない女優・アイドルも振り返ればデビュー当初イメージDVDを発売しており、実はいまでも販売サイトで人気上位にいたりする。ここではそうした過去の名作DVDを取り上げ、フレッシュな魅力に迫っていきたい!

【人気記事】東雲うみ「中学ぐらいからは、太宰(治)とか遠藤周作とか純文学にハマって(笑)」【独占告白2/9】【画像61枚】

安田美沙子『ミスマガジン2002officialDVD ミスヤングマガジン安田美沙子』 2002年10月リリース

 先頃、ベスト16に選出された顔ぶれのお披露目が行われ、今年もまた大きな注目を集めているミスマガジン(2020)。都丸紗也華の妹・都丸亜華梨が選出されるなど、依然話題に事欠かないといえるが、長年グラドル・ファンを自任している者にとって、とりわけ思い入れの深い栄冠といえば、ミスヤングマガジンだろう。

 元々、ミスマガジンのみとして始動し(1982年)、いったん、1990年の第9回をもって終了した後、1996年に『ヤングマガジン』主催のミスヤングマガジンの名称で復活。さらに、その盛況を受けて、2001年に『少年マガジン』との共催による新生・ミスマガジンが誕生し、グランプリ以下、ミス週刊少年マガジン、ミスヤングマガジン、特別賞などタイトルが細分化。さらにいっそうの地位と評価を獲得していくことになった。

 そのミスヤングマガジン。初代のグランプリの山田まりやに始まり、黒石えりか川村亜紀杏さゆり、安田美沙子、夏目理緒、原田桜怜(現・手束真知子)、小林ユリ仲村みう、荒井萌(現:あらい美生)、寺本莉緒などなど、多くの人気グラドルを輩出してきた。

【関連記事】

・佐藤江梨子、馬場ふみか、奈月セナ…ジャンルとして確立した高身長グラドル

・Hカップグラドル清水あいり「胸が大きすぎて、心臓音が聞こえへんかった」【独占告白1/3】【画像14枚】

・竹内渉「お手洗いに席を立った時にチラッとお尻を見られてるとか、視線は気づいています」【写真5枚】ズバリ本音で美女トーク5/5

・本田翼、泉里香、Koki,…いまや女優・グラドルの供給源となったモデル勢

・与田祐希、長濱ねる、葉月あや他「島出身」のアイドルを探せ!