■餃子の王将無料券は結果使わず…

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 埼玉県のPR大使というのは、県が任命する「埼玉応援団(愛称:コバトン倶楽部)」の一員ということ。その参加時の眞衣のメッセージは以下の通りだった。

「埼玉県は、地味に良いところや地味においしいものがたくさんあります。裏を返せば『穴場』だと思うので、まだまだ知られていない埼玉県の魅力をアピールしていきたいと思います」

 まさに有言実行である。そもそもニッポン放送の子会社のOLとアイドルの二足のわらじを履いていて、眞衣は同局内ではすっかりおなじみ。そして、以前から埼玉の回し者認定をされていた。16年3月から19年3月にかけては、毎週木曜深夜放送の『オールナイトニッポン0』のパーソナリティも務めたが、トークの大半が埼玉談義だった。水曜深夜の『乃木坂46のオールナイトニッポン』でもメインを張っていたので、連夜生で埼玉情報を発信し続けていたことになる。

 しかし、彼女も餃子の王将に心動いたこともある。それを証拠に、18年8月2日の『オールナイトニッポン0』ではこんなトークを繰り広げた。お昼時にauのスマートパスで、王将の餃子無料券が届いた際の反応だ。

「餃子に天津飯とか食べちゃおうかな」「乃木坂のメンバーが餃子の無料券使ってるって知られたらどう思われるのかな?」「無料券使ってるのバレたら、絶対新内ケチって思われるじゃないですか?」「リスナーに見られたら、なんだよ新内、あんだけ言って、満洲じゃねーのかよって絶対ガッカリされるんですよ」「で、結局お昼は何も食べませんでした」

 どこにでもぎょう満が進出しているわけではない、という事実をここは顧慮せねば。福しんなら副都心にもあるが、ぎょう満は中野以西にしかないのだ。なぜか関西にはやたら出店しているが……。だからこそ、ぎょう満はせめて副都心には進出すべきなのだ。なんなら俺が会長か社長に懸け合うぞ! 俺もぎょう満が好きすぎて、今じゃ、東京県民呼ばわりだよ…。

(取材・文=鈴木隆祐)

【関連記事】

・秋元真夏が5位、山下美月が4位、“キレイだと思う”乃木坂46メンバー1位はやっぱり?

・アイドルユニット・ソロツモ「メイドカフェも“誰が行っても楽しいディズニーランド”みたいに思ってもらいたい」【独占告白2/6】【写真50枚】

・でんぱ組.inc世界公認! 星降る引きこもりのGW2020「アイドルのおうちプロジェクト」

・北原里英「“イイ女はワインを飲んでいる”イメージがあるので、ワインを飲めるようになるのが目標(笑)」【写真4枚】ズバリ本音で美女トーク5/5

・現役アイドル前田美里「メッセージとか配信で気になって握手会に行きたくなります」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第33回

・IZ*ONE宮脇咲良「神すぎる可愛さ」セクシーなウェアで腹チラリ【画像7枚】