大手事務所に存在した男子禁制のパジャマパーティ「アイドル都市伝説」の画像
写真はイメージです

 最近はあまり聞かないアイドルたちの都市伝説。しかし、90~00年代には話のネタとして面白い都市伝説がそこら中に溢れていた。2020年のいま、一度は耳にしたことがある馬鹿みたいな都市伝説を振り返り、懐かしさをともに感じようじゃないか――!

【人気記事】東雲うみ「弓道は頑張ってたんですけど、インターハイ行くくらいでした」【独占告白3/9】【画像61枚】

 女性タレントを多く抱える芸能事務所Xはスキャンダルが起きないことで有名だった。スタッフも全員女性で管理がしっかりしているため、ジャニーズ事務所もX所属の女優は「安心・安全」と、自社のタレントと積極的に共演させていた。

 Xでは月に一度パジャマパーティが行なわれ、所属タレント同士での交流を楽しんでいたという。女優Hはこのパーティのために毎月パジャマを新調していたと言われ、特に同学年のKとは親密すぎる関係になった。

 しかし、2人が破局するとKが暴走して男性との逢瀬を重ねていく。事務所Xの秩序は崩れ、近年は所属女優たちの結婚が続出している。“女の園”は崩壊してしまったようだ。

(EX大衆8月号「アイドル都市伝説」パジャマパーティ)

※ネタの信憑性については読者の皆様の判断に委ねさせていただきます。

【関連記事】

・能美真奈「バストがやわらかそう」セクシーパジャマで“寝るよ?”

・篠崎こころ「アイドルグループでの作詞は正解が分からなくて精神的に大変でした」【独占告白3/7】【写真8枚】

・Hカップグラドル清水あいり「下着って見られるの恥ずかしい」【独占告白2/3】【画像14枚】

・佐藤江梨子、馬場ふみか、奈月セナ…ジャンルとして確立した高身長グラドル

・でんぱ組.inc根本凪「えちえちなのにお上品」ランジェリー姿を公開に「ありがたや」と感謝の声【画像4枚】

・竹内渉「お手洗いに席を立った時にチラッとお尻を見られてるとか、視線は気づいています」【写真5枚】ズバリ本音で美女トーク5/5