黒田美礼「小麦肌グラドルの嚆矢」のラスト作品は日焼け跡が魅惑的!の画像
※画像は黒田美礼『ファイナル・ビューティー』より

アイドルイメージDVD名作図鑑 第30回

 いまでは水着姿を目にすることのない女優・アイドルも振り返ればデビュー当初イメージDVDを発売しており、実はいまでも販売サイトで人気上位にいたりする。ここではそうした過去の名作DVDを取り上げ、フレッシュな魅力に迫っていきたい!

【人気記事】東雲うみ「弓道は頑張ってたんですけど、インターハイ行くくらいでした」【独占告白3/9】【画像61枚】

黒田美礼『ファイナル・ビューティー』(VHS) 1997年7月リリース

 青木裕子と並び、今日まで続くグラドル・ブームの黎明を担い、シーンをリードした伝説のグラドル、黒田美礼。93センチの青木を凌駕する95センチ乳は文字どおり、爆乳の先駆けであり、加えて、名字まんまに魅惑的な黒肌を有したそのボディは、“ナニワのブラックダイヤモンド”こと橋本梨菜葉月あやらを筆頭とした令和の黒肌&小麦色ボディ・ムーブメントを検証するうえで、そのパイオニアとして位置づけられるかもしれない。

 とはいえ、その青木や、青木共々ビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー(1996年)を獲得した山田まりやと違い、テレビへの露出があまりなく、アイドル王道誌の『BOMB』への登場もなかったため、レジェンドという存在にしては、印象はやや薄い感も。自分は運よく当時(1998年春頃だったはず)、ロング・インタビューする機会に恵まれ(媒体は男性ファッション誌『smart』だった)、着衣越しにも一見してわかる圧巻の膨らみと、こちらの勝手な先入観を覆すめちゃくちゃ喋る様に圧倒されたわけだが、数年来夢中になっているというパソコンの話や(当時、パソコンに凝っているグラドルなんてほかにいなかったように思う)、大好きなイラストの話で盛り上がる中、「ひょっとして、2、3年後、このシーンからいなくなってる可能性も?(笑)」などと意地悪く質問してみたところ、「あ、鋭い!(笑)」と即答されたのが思い出深い。さすがにそれが現実の話になるとは、当時は思ってもみなかったが……。

【関連記事】

・日向葵衣「いかに洗い物を出さないかってレベルの人なので、料理はしないです」【独占告白13/13】【画像60枚】

・都丸紗也華&亜華梨姉妹が話題沸騰!! けっこういる「姉妹グラドル」の歴史を振り返る

・篠崎愛、筧美和子、佐野ひなこ…2010年代グループアイドル隆盛時代にグラビアを守った東京出身グラドルたち

・与田祐希、長濱ねる、葉月あや他「島出身」のアイドルを探せ!

・夏本あさみ、緒方咲、松嶋えいみ…川崎あやが引退したいま「ハイレグクイーン」に名乗りを挙げる面々