乃木坂46が振り付け師・Seishiroと『インフルエンサー』で掴んだレコード大賞「乃木坂46と歌番組」の画像
※画像は乃木坂46のCD『インフルエンサー』より

 ライブや握手会は、当然ながらファンが行くものだ。しかし、地上波のテレビで放送される歌番組は“ファン以外”の人たちの目に触れる。そんな場で彼女たちはいつも、ファンを獲得し、ファンを驚かせてきた。数分間で視聴者を魅了してきた歌番組の足跡。

【人気記事】NMB48安部若菜の本誌未掲載カット4枚を大公開!【EX大衆2月号】

 乃木坂史上最高難度のダンスと言われる『インフルエンサー』。その振り付け師Seishiroは「本当にいいんですか!?私の振りはダンサーでも難しいですよ」と制作スタッフに念を押したうえで引き受けた。

 歌番組で『インフルエンサー』を披露する際、Seishiroはできる限り同伴してダンスを磨いてく。その総仕上げが『輝く!レコード大賞』(TBS)だった。本番前、Seishiroが提案したひとりずつ手をつないでいく円陣で心をひとつにする乃木坂メンバー。Seishiroは「“嫉妬心”とか“悔しい”っていうそういう気持ちも、原動力に変えてしまえばエネルギーになって、観てる人に伝わる」とメッセージを送った。

 その結果、乃木坂メンバーたちは自画自賛できる最高のパフォーマンスを見せ、大賞を受賞。Seishiroも「アーティストの魂」を感じたという。なかでも、卒業した伊藤万理華のアンダーとして入った中田花奈はキレキレのダンスと艶っぽい表情で、まさに“インフルエンサー”になっていた。

 18年の『レコード大賞』はSeishiro振り付けの『シンクロニシティ』で再び大賞を受賞。Seishiroによって乃木坂46は魂のステージがひとつ上がった。

(EX大衆2019年9月号「乃木坂46と歌番組」レコード大賞)文●大貫真之介

【関連記事】

・現役アイドル前田美里が予想⁉ 坂道3グループ揃い踏みの2019年レコード大賞【写真28枚】

・元保育士・ももせもも「保護者のお父様とイケない関係に」【画像50枚】

・森咲智美「日本一エロすぎるグラビアアイドル」はSNSフォロワー数280万! 【写真5枚】

・来栖うさこが「齧り付きたいお尻」をキャッチコピーにグラビア界にお尻ブームを起こすまで【全10話まとめ】【写真46枚】

・来栖うさこ「雑誌の表紙とYouTubeのチャンネル登録者数10万人を目指して頑張りたいです」【独占告白10/10】【写真46枚】

・現役アイドル前田美里「卒業したあと乃木坂46にいたというのが残るのが素敵」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第35回