乃木坂46の3期生が出演したFNS歌謡祭とアンダーライブの関係性「乃木坂46と歌番組」の画像
長濱ねる

 ライブや握手会は、当然ながらファンが行くものだ。しかし、地上波のテレビで放送される歌番組は“ファン以外”の人たちの目に触れる。そんな場で彼女たちはいつも、ファンを獲得し、ファンを驚かせてきた。数分間で視聴者を魅了してきた歌番組の足跡。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 2016年12月14日、『FNS歌謡祭』(フジテレビ)で、坂道グループの新時代を感じさせるコラボが実現した。生駒の紹介で『制服のマネキン』を歌ったのは、お披露目されたばかりの乃木坂46・3期生とけやき坂46。長濱ねるをセンターに瑞々しいパフォーマンスを見せ、乃木坂46・1期2期、欅坂46に合流した。

 その一方で、出演することができなかった乃木坂46のアンダーメンバーは複雑な想いを抱えていた。渡辺みり愛はトークライブアプリ・755で「なんだか、涙が止まらないの」と珍しくマイナスな感情を表に出した。渡辺は当時のことを「キラキラしたスタジオにいるメンバーと家にいる自分を比べてしまって悔しくなって」と語っている。

 翌年4月20日、東京体育館で行なわれた史上最少の12人でのアンダーライブ。そのセンターに立っていたのは渡辺みり愛だった。3日間で全4公演、のべ3万2000人を沸かせると、千秋楽では(みり愛曰く)ダブルダブルアンコールを起こした。そこにはテレビの向こう側に劣らない輝きがあった。

(EX大衆2019年9月号「乃木坂46と歌番組」FNS歌謡祭)文●大貫真之介

【関連記事】

・乃木坂46鈴木絢音が『漫画アクション』の表紙巻頭グラビアに登場!【写真4枚】

・元保育士・ももせもも「保護者のお父様とイケない関係に」【画像50枚】

・森咲智美「日本一エロすぎるグラビアアイドル」はSNSフォロワー数280万! 【写真5枚】

・来栖うさこ「雑誌の表紙とYouTubeのチャンネル登録者数10万人を目指して頑張りたいです」【独占告白10/10】【写真46枚】

・現役アイドル前田美里「卒業したあと乃木坂46にいたというのが残るのが素敵」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第35回

・小日向ななせ「過去最強にセクシー」初めてアメ舐めちゃった【画像54枚】