相澤仁美の「爆乳」にして「軟乳」の揺れが見事に表現されたDVDのタイトルに秘められた真意とは!?の画像
※画像は『日テレジェニック2006 相澤仁美 [DVD]』より

アイドルイメージDVD名作図鑑 第32回

 いまでは水着姿を目にすることのない女優・アイドルも振り返ればデビュー当初イメージDVDを発売しており、実はいまでも販売サイトで人気上位にいたりする。ここではそうした過去の名作DVDを取り上げ、フレッシュな魅力に迫っていきたい!

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

相澤仁美『日テレジェニック2006 CAUTION!〈警告〉』2006年7月26日リリース

 ブレイクを果たしながら、様々な事情で途中フェードアウトしていった過去のグラドルたち。それを一人一人挙げていったらまったくもってキリがないわけだが、それを十分承知したうえで、いまだ個人的に惜しいと思われてならないのが相澤仁美だ。

 2005年、新人ながら、フジの人気深夜番組『プレミアの巣窟』のアシスタント「プレミアンガールズ」に矢吹春奈瀬戸早妃とともに抜擢され、迫力満点の93センチIカップ乳をウリに瞬く間に注目の存在に。翌年、原幹恵、北村ひとみ(現・水樹たま)、草場恵とともに日テレジェニック2006に選出、その人気と地位を不動のものとし、物おじしない天性の明るいキャラで、バラエティを席巻。

“おっぱい番長”や「愛がいっぱい詰まった、Iカップのマシュマロパイ」など、グラドル史に残る最高のキャッチフレーズで、新たなファンを次々に獲得していったわけだが、そんな矢先、映像発掘によるナンパAV出演過去疑惑が浮上し、徐々に芸能活動をフェードアウト。事務所にしろ、彼女にしろ、ファンへの弁明がひとつもなかったため、モヤモヤした思いがそのままダイレクトに残る形に。

【関連記事】

・阿久津真央「初めてのパンチラ」制服がビチョビチョに【写真52枚】

・桜井木穂「走るたびに水着が取れそう」ほとんどハダカっぽい【画像47枚】

・犬童美乃梨「ハダカっぽい感じで」別のトレーニングをしちゃう【画像47枚】

・元保育士・ももせもも「保護者のお父様とイケない関係に」【画像50枚】

・来栖うさこが「齧り付きたいお尻」をキャッチコピーにグラビア界にお尻ブームを起こすまで【全10話まとめ】【写真46枚】