長濱ねるがファースト写真集『ここから』でも長崎ちゃんぽんを食べていた地元の名店のお味の画像
長濱ねる

アイドル食堂・第37回 中国菜館江山楼

■写真集でも長崎ちゃんぽんを実食

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 アイドルだってメシを食う。故郷の名物料理に舌鼓を打つ写真に、ファンが店探しに躍起になるほどの盛り上がりを見せることもある。昨年7月末の卒業後、丸1年の充電期間を送っていた元欅坂46長濱ねるがその張本人だ。

 問題のショットは17年12月にリリースされた1st写真集、『ここから』(講談社)内に掲載された。オフショット風に展開する、ねるが長崎ちゃんぽんを食べる様が、「いかにもおいしげ」「なんとも幸せそう」「どこの店?」などとバズったのだ。

『ここから』はタイトル通り、ねるの原点が舞台となる。故郷長崎の五島列島の豊かな自然をバックに撮影され、ねるは初のビキニにも臨んだ。18年7月放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、その様子を一緒に出演した同期の織田奈那から突っ込まれてもいた。

「ねるって別にモデル体型ではないじゃないですか。だから(写真集をリリースすることになり、不安を抱いた他のメンバーに)『ねるでも出せたから大丈夫だよ』って励ましました」

 かく言う織田は単独写真集を出していない。そこをさんまに鋭く突かれ、「そんな簡単なものじゃないのよ、写真集って」と注意されたのはヤブヘビだった。

『ここから』の公式Twitter上でも、本人の代わりにタヌキの置き物の写真がアップされたくらい、タヌキ顔とぽちゃ体型はねるの個性。よく食べてふくよかなくらいが、20歳前後の女性には似つかわしい。

【関連記事】

・フジテレビ『MUSIC FAIR』『FNS歌謡祭』等のディレクター島田和正氏が語る 「乃木坂46の撮り方」

・現役アイドル前田美里「今泉佑唯のピーチ・ジョンアンバサダー就任が嬉しかったです」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第37回

・乃木坂46の3期生が出演したFNS歌謡祭とアンダーライブの関係性「乃木坂46と歌番組」

・日向坂46渡邉美穂らの怪談話から感じたメンバーの「話術」の向上

・欅坂46菅井友香の母親はメンバーの体をメンテナンスする陰のサポーター!?