滝沢カレンがツッコミ側に回る貴重な番組での「楽しげな姿」の画像
滝沢カレン

テレビの中の女たちvol.24 滝沢カレン

 独特な日本語の運用で注目を集めるタレントは、これまでにも数多くいた。しかし、滝沢カレンほどテレビの第一線で活躍し続けている人はいないのではないか。

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 ファション雑誌のモデル出身の彼女が最初に注目を集めたのは、2015年の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)への出演だったとされる。そこから5年。変わった日本語を使うタレントは、“一発屋”のようにテレビからフェードアウトしていくことも多いけれど、滝沢の場合、その人気はいまだ衰えない。それどころか、近年は冠番組を抱えるに至っている。インスタグラムの解読困難な、それゆえ読む側が勝手に“文才”を感じ取ってしまう文章も定期的に話題になる。

 そんな彼女が、少し違う印象を見せる番組がある。『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)。講談師の神田伯山と2人でMCを務める番組である。ときどきゲストもやってくるけれど、基本的には伯山がロケに行ったVTRを見て2人がトークをする。

 29日の放送では、こんなオープニングトークが繰り広げられた。今年7月に発表された第57回ギャラクシー賞で、伯山のYouTubeチャンネル「神田伯山ティービィー」がテレビの新しいチャレンジを表彰するフロンティア賞を受賞。これに対し、滝沢が語る。以前この番組で伯山がYouTuberに密着するロケがあったが、そのときの伯山の言動はひどいものだった。

「その人がYouTubeで賞を獲るって、私ちょっと信じられません」

 そんな指摘を受けた伯山は、「僕、覚えてないんですけど…」と弁解しようとする。と、滝沢は間髪入れずに言った。

「覚えてないんかい!」

【関連記事】

・佐山彩香、佐藤寛子、安西ひろこ他の「神奈川県・巨乳」に吉岡美穂、岸明日香、杉本有美他の「大阪府」と優勝候補が登場!

・相澤仁美の「爆乳」にして「軟乳」の揺れが見事に表現されたDVDのタイトルに秘められた真意とは!?

・長濱ねるがファースト写真集『ここから』でも長崎ちゃんぽんを食べていた地元の名店のお味

・インリン、リア・ディゾンからヴァネッサ・パンまで「海外グラドル助っ人」の系譜

・寺本莉緒、長澤茉里奈、ちとせよしの、都丸紗也華…こんなにいるグラドル界のラーメン好きたち