乃木坂46白石麻衣
乃木坂46白石麻衣

 いまはもう見られない、あの瞬間を蘇らせるアイドルライブDVDの数々。かつてアイドルとして輝いていた者の姿、レジェンドたちが集うグループのパフォーマンス。思い出のひとつとして持ち続けているDVDの魅力を、様々な角度から余すところなく語り尽くす!!

【人気記事】鈴木ふみ奈「面積が小さい水着ばかり着ているせいか、感覚がバグついているんです」【写真15枚】ズバリ本音で美女トーク5/6

 乃木坂46のライブDVDは東京ドーム公演も橋本奈々未の卒業ライブも素晴らしいが、『乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM』は特典映像である1時間超のドキュメンタリーが秀逸だった。

 会場問題で延期となった4thバースデーライブ(2016年8月28日~30日@神宮球場)の裏側を追ったドキュメンタリーの冒頭では、112曲の全持ち歌を覚え直す作業に苦闘するメンバーの姿が映し出される。生田絵梨花が「テスト勉強のよう」と話すように、それぞれのメンバーがセットリストに自身の出番や立ち位置を細かく書き込んでいた。そんな状況でも「誰もがピンチなのに、皆楽しそうだった」というテロップが示すように、ギター練習に行き詰まる松村沙友理白石麻衣が和ませ、齋藤飛鳥中元日芽香とじゃれ合うなどメンバーたちはワクワク感を隠せない。

 本番2日前、持病の腰痛が悪化した橋本が搬送されていくというショッキングなシーンが映し出された。キャプテンの桜井玲香は7月から行なわれていた全国ツアーには参加せず、バースデーライブから合流する。不安要素はあったが、本番当日の神宮球場には全員が揃った。

 初日のオープニングでは、最後にマイクをとった桜井がビジョンを通してファンにメッセージを発する。メンバーたちはその様子を笑顔で見守った。オリジナルのフロント3人による『ぐるぐるカーテン』から開演すると、ドキュメンタリーはめまぐるしく舞台裏を駆け回るメンバーの様子を映し出す。雨の中、初日も2日目も全力を尽くして満身創痍のメンバーだが、ライブ後には翌日のリハが待っていた……。

【関連記事】

・乃木坂46遠藤さくらの本誌未掲載カット3枚を大公開!【EX大衆4月号】

・似鳥沙也加「覗かれている感じが自分がムラムラして好きです」【独占告白1/10】【画像11枚】

・和地つかさ「Hカップ爆乳」と男心をくすぐる童顔フェイス【写真10枚】

・村上りいな「今までで一番布が少ない水着」ドSの役は初めて【画像61枚】

・現役アイドル前田美里「‶元〇〇坂“を活かして自分のやりたい方向で頑張ってほしい」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第38回

・日向葵衣「えっちな看護師さん」恵まれた身体で“神演出”【画像13枚】