■喉の不調に苦しんでいた西野七瀬

 3日目。直撃が予想された台風は逸れて晴天に。喉の不調に苦しんでいた西野七瀬が『ごめんねずっと…』を歌い、目を潤ませた表情が観る者の胸に刺さる。ステージ裏の生駒は「大丈夫だよ。伝わってるよ!」と声を挙げた。『ハルジオンが咲く頃』をセンターで歌う川後陽菜に「味方しかいないよ」と声をかけたのも生駒だった。

【人気記事】東雲うみ「DVDを出すんだったら絶対ランキング1位獲りたかったので、”たくさんファンをつけないとヤバいぞ“と思って」【独占告白6/9】【画像61枚】

 本編最後の曲は『裸足でSummer』。センターとして全国ツアーを引っ張ってきた飛鳥の目から涙が溢れそうになる。「神宮!」と叫んで花火が上がった時には涙を抑えられなかった。感謝を伝えようとするも言葉が出ない。

 終演後、西野が「なんで泣いたの?」とイタズラな笑顔で尋ねると、飛鳥は「なんでだろう」とはぐらかす。2人はくっつきながら楽しそうに球場をあとにした。乃木坂46の輝かしい季節がそこにあった。(文●大貫真之介)

EX大衆2019年10月号「至高のアイドルライブDVDを見よ!」乃木坂46

【関連記事】

・乃木坂46遠藤さくらの本誌未掲載カット3枚を大公開!【EX大衆4月号】

・似鳥沙也加「覗かれている感じが自分がムラムラして好きです」【独占告白1/10】【画像11枚】

・和地つかさ「Hカップ爆乳」と男心をくすぐる童顔フェイス【写真10枚】

・村上りいな「今までで一番布が少ない水着」ドSの役は初めて【画像61枚】

・現役アイドル前田美里「‶元〇〇坂“を活かして自分のやりたい方向で頑張ってほしい」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第38回

・日向葵衣「えっちな看護師さん」恵まれた身体で“神演出”【画像13枚】