井上和香写真集『W』(学習研究社)
小池栄子

 「グラビア甲子園 都道府県代表決定戦」
トーナメント第5回戦(第21試合~第25試合)

 47都道府県すべての出身グラドルを調査したグラビア甲子園も、すべての都道府県を紹介した。そこで、実際にトーナメント方式で、各都道府県を戦わせてみたい、勝敗は、これまで担当してきたライター織田と、編集部が独断と偏見で行う。もちろん、その結果はないだろう、ということもあると思うが、ご容赦願いたい。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

――今週から2回戦に入ります。第21試合は岡山県(https://exweb.jp/articles/-/69909)対東京都・2000年代前半(https://exweb.jp/articles/-/80957)。後者のチームはシード扱いで登場です。

織田 東京都は結果的に5つのチームに分けたんですが、このチームは最強の呼び声も高いラインナップです。

編集 えーと、ほしのあき小池栄子井上和香井川遥川村亜紀安めぐみ仲根かすみ矢吹春奈沼尻沙弥香内田さやか花井美理山本早織市川由衣……。これは強力すぎる(笑)!

織田 ローズ、小久保、阿部、高橋、ペタジーニ、仁志らを擁して年間259本の本塁打を放った2004年の巨人を彷彿させます(笑)。

編集 確か、それでも巨人は優勝できなかったんですよね(苦笑)。

織田 投手陣が機能せず3位。いやいや、あのときの巨人とは違い、こちらの投手陣はホークス・和田夫人の仲根かすみを中心に揃ってる……と思いますが、どうですかね(笑)。

編集 あのときの巨人よろしく、迫力ある巨乳ボディを有しての打棒の強さの印象がどうしても(苦笑)。ただ、そうは言っても、相手は岡山県。MEGUMI神楽坂恵河中あいらの奮闘で1回戦は突破しましたが、この対戦だとやはり層の厚みの違いは歴然かと。

――そんな感じがしますね。

織田 レジェンドがこれだけ揃ってますからね。初戦は勝ち上がって当然、ですね。

編集 次の対戦が楽しみですよ。

【関連記事】

・葉月あや「まだカラダもプリプリだし」35歳までは現役を続けたい!【画像47枚】

・仮面女子・美音咲月「男の子を誘っちゃう」夜のシーンにドキドキ【画像44枚】

・山本ゆう「おっぱいが堪能できます」洗車シーンがオススメ!【画像51枚】

・阿久津真央「初めてのパンチラ」制服がビチョビチョに【写真52枚】

・桜井木穂「走るたびに水着が取れそう」ほとんどハダカっぽい【画像47枚】