周囲から浮いたとしても自分の感性に正直でいる。そんな彼女のあり方を象徴するシーンだった。

【人気記事】あべみほが北海道の「モデル」から自身を売り出す全国区の「タレント」になるまで【全7話】【画像49枚】

 彼女は真面目さを物語るエピソードに事欠かない。『ぐるナイ』(日本テレビ系)の「ゴチになります」のコーナーでレギュラーに抜擢された際は、「一つひとつのお皿に真正面からぶつかって」いくと語り(同、2019年1月24日)、負けて計9万8千円を支払わなければならなくなった際には店員に「幸せでした」と告げた(同、2019年2月21日)。

 また、2年半ぶりに3日間のオフができるとお墓参りに行き、カラオケでは「これを歌うと寄付されるんだよ」と「We Are The World」を歌うらしい(『おしゃれイズム』日本テレビ系、2017年3月19日)。蚊を殺すときには「ちゃんと生まれ変わりなさい」とつぶやくという(『A-Studio』TBS系、2019年8月17日)。

 世界がもし100人の土屋太鳳だったら。なんだかこの世から争いはなくなりそうだ。

 話は戻って『クイズ!THE違和感』。クビナガカイツブリという鳥が水面を並んでダッシュするのは、「結婚相手にふわわしいか見極めるため」というクイズの答えを受け、彼女は語る。

「私が結婚する相手がいたら、絶対に富士山に登ろうと思います」

 富士山に2人で登れば、人生を一緒に歩めるかどうかがわかるだろう。自分が疲れたときに相手がどういう風に手を差し伸べてくれるかも見えるだろう。そう言って、彼女は水鳥の行動に共感を示すのだった。

【関連記事】

・サブカル系グラドルの新星・緑川ちひろ「府中刑務所、千葉刑務所、あとは刑務所じゃないけど、網走監獄という博物館にも行きました」【独占告白1/10】【37枚】

・ほしのあき、小池栄子、井上和香、井川遥…最強の呼び声高い「東京都2000年代前半」チームが登場!

・ミニマムダイナマイトボディー葉月あや「実は私、めっちゃ恥ずかしがりなんです」【独占告白4/4】【画像61枚】

・現役アイドル前田美里「『ガラスを割れ!』は“最後だぜ!!”みたいな一体感があって最高でした」【写真34枚】「坂道が好きだ!」第40回

・池田エライザ「流行を司る女神」は2021年に情熱な行動をとる!?【美女の運勢占います!】