「あなたはメインで抜かれるところじゃなくても、必ずしっかり気を抜かずお芝居をしてる。当たり前かもしれないけど、それができる子は少ない。この先何があっても、その気持ちを絶対に忘れないで。どっかで誰かが見てるし、絶対誰かが見つけてくれるから。そのままでいて」

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 その後、学園ものの作品に出演することが多かった伊藤。メインではない役どころが続いていたが、天海の言葉を胸に刻んできたという。当時の彼女はまだ小学生。にもかかわらず、天海のアドバイスを自分にとって大事なものとして受け取ったという事実に驚く。

「いい加減目覚めなさい」という天海のセリフが印象的だったドラマだが、天海は伊藤がすでに「目覚めて」いることを知っていたし、実際に伊藤は「目覚めて」いたのかもしれない。

 以前、別の番組で、伊藤は脇役を続けてきた自分についてこんなことも語っていた。

「ずっと端、端できて、センター育ちじゃないから、こちとら。だから『ここを獲り合わなきゃ』っていうのがないからこそ、『今度はコイツが頂点か、よろしくな』ぐらいの感じ」(『ボクらの時代』フジテレビ系、2019年4月21日)

 誰かのポジションを奪いたい。そんな思いは子役時代に置いてきた。丸顔にハスキーボイス、そしてかつての“教師”の言葉を胸に、彼女は誰にも立てないポジションに立ち、映像にリアリティを立ち上げる。

(文・飲用てれび)

【関連記事】

・“元イルカ調教師”日里麻美「衝撃の牌ブラ!」動くたびに全部出ちゃう【画像49枚】

・新垣優香「テントの中でイチャイチャ」リアルで恥ずかしい【写真53枚】

・“Jカップ”池田レイ「私の胸重いんだ」グラビアデビューして知りました【画像51枚】

・来栖うさこ「お尻がよく見えてオススメ」みんな喜んでくれるんじゃないかな【画像47枚】

・石岡真衣「悪い先生にいたずらされて」包帯でこんな衣装に……【画像47枚】