小野真弓「完全保存版DVD」におさめられたとびっきりの笑顔とボディを見よ!の画像
※画像は小野真弓『love again! mayumi ono.』より

アイドルイメージDVD名作図鑑 第36回

 いまでは水着姿を目にすることのない女優・アイドルも振り返ればデビュー当初イメージDVDを発売しており、実はいまでも販売サイトで人気上位にいたりする。ここではそうした過去の名作DVDを取り上げ、フレッシュな魅力に迫っていきたい!

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

小野真弓『love again! Mayumi ono.』 2003年7月12日リリース

 小野真弓のブレイクは衝撃だった。なぜなら、自分は彼女のブレイク以前、アイドル・ユニット史上随一の幻のトリオと呼ぶべき、Really? Omulet Puzzle(リアリー・オムレット・パズル)在籍時のインタビューをおこなっているから。それも二度も。

 セガ・アミューズメントパーク『ジョイポリス』のイメージガールとして1999年に誕生し、ほぼ1年あまり(?)活動したユニットの中心メンバーとしての彼女を最初に知ったわけだが、二度の取材を通じても、正直、インパクトというような印象や感慨はまったくの皆無。

 当然、あっというまにその存在は記憶の彼方に消えていたわけで、『アコム』の出演での話題性を経て、2003年に始まるグラドルとしての快進撃は、「リアリー? 小野真弓!?」と叫んでしまいそうになるほど驚愕だった。

 当時の彼女は、文字どおり、快進撃と呼ぶにふさわしい活躍で、あらためて調べてみると、2003年は写真集5冊、DVD2枚をリリースしたほか、『週刊プレイボーイ』(集英社)の表紙を3度、『BOMB』(学研)の同年付け最終号となる12月号の表紙を飾っており、シーンの席巻ぶりが窺われる。時代はグラドル・ブーム最盛期、着エロや爆乳、ロリ系など多様化の様相を呈しつつ人気グラドルが群雄割拠する中にあって、彼女の存在は明らかに突出したものだった。

【関連記事】

・“元イルカ調教師”日里麻美「衝撃の牌ブラ!」動くたびに全部出ちゃう【画像49枚】

・新垣優香「テントの中でイチャイチャ」リアルで恥ずかしい【写真53枚】

・“Jカップ”池田レイ「私の胸重いんだ」グラビアデビューして知りました【画像51枚】

・来栖うさこ「お尻がよく見えてオススメ」みんな喜んでくれるんじゃないかな【画像47枚】

・石岡真衣「悪い先生にいたずらされて」包帯でこんな衣装に……【画像47枚】