ほしのあき、小池栄子、井上和香の「東京都2000年代後半」VS南明奈、川崎あや、杏さゆりの「神奈川県・美乳」は事実上の優勝決定戦!?の画像
※画像は『W―井上和香写真集』より

 「グラビア甲子園 都道府県代表決定戦」
トーナメント第8回戦(第36試合~第39試合)

 47都道府県すべての出身グラドルを調査したグラビア甲子園も、すべての都道府県を紹介した。そこで、実際にトーナメント方式で、各都道府県を戦わせてみたい、勝敗は、これまで担当してきたライター織田と、編集部が独断と偏見で行う。もちろん、その結果はないだろう、ということもあると思うが、ご容赦願いたい。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

――ここまで3分の2の戦いを終えて、第36試合は、東京都・2000年代後半チーム(https://exweb.jp/articles/-/81073)対広島県(https://exweb.jp/articles/-/63471)です。東京都2000年代後半チームはシードになります。

織田 ここにきてようやくシードで登場ということはよほどの強豪……って、あ、対戦決めはコンピューターによるランダム抽選でしたっけ(笑)。

編集 そうですが、東京都の2000年代後半チームはかなり強いですよ。

織田 森下悠里相澤仁美谷澤恵里香次原かな小林恵美らが上位打線ですね。確かに強烈なラインナップ。

――織田さんがかつてやっていた“グラドル番付”の横綱・大関級がズラリ……?

織田 森下、相澤、次原は横綱にしたはず。大関は、どうだったかな。10年以上前なので、あんま覚えてない(苦笑)。

編集 小泉麻耶木下優樹菜大島麻衣護あさならも普通にドラフト候補になる超高校級の逸材と言えます。

織田 お騒がせの面々がズラ~リとも(笑)。

編集 対する広島県は、杉原杏璃菜乃花村上友梨夏川純、そして、綾瀬はるか……。

織田 こちらも相当に重厚なオーダー!

【関連記事】

・“元イルカ調教師”日里麻美「衝撃の牌ブラ!」動くたびに全部出ちゃう【画像49枚】

・新垣優香「テントの中でイチャイチャ」リアルで恥ずかしい【写真53枚】

・“Jカップ”池田レイ「私の胸重いんだ」グラビアデビューして知りました【画像51枚】

・来栖うさこ「お尻がよく見えてオススメ」みんな喜んでくれるんじゃないかな【画像47枚】

・石岡真衣「悪い先生にいたずらされて」包帯でこんな衣装に……【画像47枚】