『乃木坂46』のモダンダンスとセンター・生駒里奈の空気感「振付師・竹中夏海と追う」アイドルダンス総論の画像
生駒里奈

 時代の進化とともに、アイドルは変化することで、我々見る者の心を捕えて離さない。とりわけ、ダンスという表現方法は時代に合わせて変化し続けている。「アイドル」が市民権を得るようになった70年代から、令和の現在までのアイドルダンス論。

【人気記事】東雲うみ「私が今までやってきたなかでは一番上に上がっているような感じはします。でも結果を残すためにもっとパワーアップしたいなと」【独占告白9/9】【画像61枚】

 AKB48の「公式ライバル」としてデビューした乃木坂46

「AKB48との差別化として、『ぐるぐるカーテン』をはじめとした南流石先生のモダンダンス的な振り付けは面白かったですね。フォーメーションダンスと同じでダンス未経験者でも見せやすい形、としてたどり着いた結果だったのかもしれないですね。それと初代センターの生駒ちゃんが持っていた空気感と絶妙にマッチした、というのも大きかったと思います。

 それからしばらくは正直、姉妹グループとの差別化があまりされていなかった印象を受けていたのですが、Seishiro先生の『インフルエンサー』や『シンクロニシティ』では再び乃木坂46ならではの形を見付けたように感じます。音に対しての振り数が多いので揃えるのは大変でしょうけど、果敢に挑んでいてカッコいいなと思います」

(EX大衆2019年11月号「アイドルとダンスを語ろう」乃木坂46)取材・文●大貫真之介

●PROFILE たけなかなつみ 1984年6月10日生まれ、埼玉県出身。振付師。2009年から振付師として本格始動。HKT48などの大型グループから実力派ライブアイドルまで、担当したアイドルは400人にも及ぶ。『ゴットタン(テレビ東京)』から生まれた国民的アイドル“ヒム子”など、年齢性別を超えて踊り手のアイドル性を引き出すことに定評がある。アイドル愛の視点を活かし、『ラストアイドル』(テレビ朝日)などの審査員を務めたり、アイドルダンスに関する書籍も出版。現在はWebメディアケイクスにて『アイドルダンス半世紀』を連載中。

【関連記事】

・生駒里奈、未公開グラビア【EX大衆5月号】

・緑川ちひろ「恥ずかしい娘になっちゃった」親に申し訳ない【画像50枚】

・塩地美澄「元女子アナが手ブラ姿に」グラマスボディは圧巻【画像12枚】

・日向葵衣「すごい性欲強い彼氏」やたらマッサージしたがるんです【画像55枚】

・あべみほ「地元のファッションショーのステージに立つまではこの街を出られないと」【独占告白5/7】【画像49枚】

・村上りいな「イタズラされちゃった」ブラシでちょっかい【画像40枚】