松田聖子、中森明菜…伝説アイドルの振付師が語る80年代アイドルたちの「ダンス☆ウォーズ」の画像
松田聖子

――三浦亨さんが振付師になった経緯を教えてください。 もともと役者になりたかったので、振付師になったのは偶然が重なっただけなんです。西条満さんのチームで『ドリフターズ大作戦』(日本テレビ)のダンサーをやらせていただいて。番組が終わってチームが解散してから、弟子として西条さんに付かせてもらったんです。そして、渡辺プロダクションの新人を教えるようになったのですが、その中の新人のひとりが(天地)真理でした。彼女の希望があって『恋する夏の日』で、振付師としてデビューすることになったんです。


EX大衆 2019年11月号

EX大衆 2019年11月号は
絶賛発売中!購入はこちら