山口「本当に正しいことって、たいてい最初はさ、マイノリティじゃん。でもホントにそれが正しかったら、いつか主流になるっていうかさ。だから、信じてやるしかないんだよね。主流だったことやっててもさ、それ以上なんか、やっぱり摩耗してくだけでさ、研磨されないっていうか。だから、平手さんから感じた同じ匂いは、僕はそこだったんだよね。摩耗じゃなくて研磨してるっていうか」

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

平手「へぇー。そうだったんですね」

山口「チャレンジしてるんだ。孤独っていうか孤高な人だなと思ったけど」

平手「うーん」

 彼女が何かを語り始めると、そこには掴みにくい存在が浮かび上がってくる。掴みにくいがゆえに、その存在感は一層色濃くなる。その存在感を言い当てようと、“何か”を語りたくなってしまう。ただ、その“何か”には、しばしば語り手自身が投影されてしまう。山口が「(自分と)同じ匂い」を感じると告白したように。そしてますます、彼女の存在からは遠ざかってしまう。

 平手友梨奈について“何か”を語ろうとしたときに起こるすれ違い。自分について語られていたはずの平手は、最終的に「そうだったんですね」とカウンセラーのように相手を受け止め、「うーん」と口ごもって、対話を終えた。

 ところで、番組で平手はこんなことも話していた。山口が「もう超絶雨男なのよ」と自分自身について語ったときのこと。彼女は笑いながらこう言った。

「私、雨好きだけど晴れ女っていう」

 平手自身が語る平手。雨が好きだけど晴れ女。なんだか、象徴的な言葉だ。そういえば僕も以前、似たようなことを先輩に言われたことがあった。表面上はネガティブなふりをしてるけど根はポジティブ、みたいな言葉だったのだけれど――と、これ以上自分を晒すのはやめておこう。

(文・飲用てれび)

【関連記事】

・現役アイドル前田美里「柿崎芽実ちゃんはひらがなけやきに対する想い入れが強かったのかな」【画像40枚】「坂道が好きだ!」第45回

・西野七瀬が「デビューシングル3列目」から乃木坂46のイメージを形作るにいたる軌跡【アイドルセンター論】

・広瀬すず、長澤まさみ、綾瀬はるか…部活&チーム系「21世紀のアイドル映画」

・平手友梨奈「最高の大衆批判アイドル」byライター 荻原梓「2010年代それぞれの最強アイドル」

・平成とは女性アイドルにとってどんな時代だったか⁉ 【全14回まとめ】社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談