彼女はアグレッシブに攻めていく。ショートカットのカツラを被って剛力彩芽のプロペラダンスを踊ったり、ガチャピンの扮装をして登場したり。彼女の攻撃には、別室で戦況を見守る松本らからも絶賛の声が幾度もあがった。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

 特にゆきぽよとの攻防が秀逸だった。プロペラダンスをする峯岸にゆきぽよが「ヅラはいつぶりですか?」と切り込み、例の坊主事件を掘り返す。さらにスマホで「峯岸みなみ 坊主」と検索し、モニターに坊主画像を映し出す。これに対し峯岸は、自分から坊主画像の横に並び、迎え撃つ。

 さらに、せんとくんの格好をしたゆきぽよがパラパラを始めると、それにガチャピン姿の峯岸が呼応し踊りだす。この場面、パラパラに即座に参加しにいくところもそうだが、そこからスムーズにフリーダンスに切り替え、展開を作りにいく峯岸のセンスにしびれる。加えて、ゆきぽよに「すいませんでした」とおでこを見せながら謝罪。例の坊主事件を自ら武器にする。この波状攻撃に耐えきれず、ゆきぽよは笑みをこぼした。

 峯岸にスキャンダルがあったのは2013年のこと。坊主姿で現れたYouTubeの謝罪動画は世間に与えるインパクトが大きく、アイドルグループのあり方、ひいては日本社会における女性の抑圧を示すものとして社会問題化した。海外でも報じられたと聞く。

 AKB48のバラエティ班とも呼ばれていた彼女。スキャンダル後もしばらく、彼女はバラエティでは坊主をネタにされてきた。周囲からの期待に応えるように、ときに自分からもネタにしてきた。プロペラダンスのネタも、元々はそのころ『めちゃ×2イケてるッ!』で披露されていたものだ(坊主だった髪が伸びかけて当時の剛力のようなショートカットに見えたところから)。

【関連記事】

・10月17日、18日にAKB48全国握手会振替オンラインお話し会が開催!【画像16枚】

・『スクランブルエッグ』岡田編集長が語る「多くの試みの中で見えてきた、オンライン卒業の可能性」

・峯岸みなみの禁酒が1年間続いてしまう!?AKB48の「コロナ禍での卒業」

・AKB48、乃木坂46、欅坂46…会いに行くことができなくなった48グループのいまを考える

・現役アイドル前田美里「握手会はアイドルの素の部分が見えるところが魅力」【写真38枚】「坂道が好きだ!」第30回