鈴木愛理「生粋のアイドル歌唱というか、歌声に笑顔のエッセンスを入れるのが上手」【アイドルにとって「歌唱力」とはなんなのか】の画像
※画像は鈴木愛理写真集『愛理』より

 昨今のアイドルは多様化し、ミュージカルに進出する者やカラオケバトルの番組に出演する者などボイストレーナー・遠藤解説「歌」に高い意識を持つアイドルが増えてきている。しかし、アイドルは単に歌のうまさだけではなく、ダンスやファン対応、容姿などで総合的に評価がされるのも事実だ。果たしていまのアイドルたちにはどのような歌唱力が求められていてるのか。また、そもそもアイドルに歌唱力は必要とされているのだろうか。

他の水着記事を読む

 小学生の時から歌唱力の高さが評価され、実力派揃いの°C-uteの中でもメインボーカルを務め、ハロプロ全体でもディーヴァとして一目置かれていた。

ボイストレーナー・遠藤解説「何度かハロプロの仮歌をやらせていただいたんですけど、『ハモができるメンバー』を聞いた時に名前が挙がったひとりが愛理さんでした。生ハモができる愛理さんはハロプロでも貴重な存在だったようです。それでいて教え込まれた歌い方ではなくて、オリジナリティが高い。喉のフィジカルも強くて、発声に無理がなく、張り上げなくても高音を出せるんで す。生粋のアイドル歌唱というか、歌声に笑顔のエッセンスを入れるのが上手。同じ『あ』でも口角を上げると、聴いた印象が変わって。顔を見なくても『この子、笑顔で歌っているんだな』と思えるんですよ」

(2020年EX大衆11月号「アイドルにとって歌唱力とはなんなのか」鈴木愛理)取材・文●大貫真之介

●PROFILE 遠藤舞 えんどう・まい 1988年7月31日生まれ、東京都出身。2006年にアイドリング!!!メンバーとして活動を始め、2014年にグループから卒業。その後はソロ歌手を経て、現在はボイストレーナーに転身。

【関連記事】

・元℃-ute鈴木愛理の「へそ出しダンス」の可愛らしさに注目!

・最強クイーン・奈月セナ「ずっと親からも“将来は公務員になりなさい”って言われ続けて育ってきました」【独占告白1/12】【画像10枚】

・“39歳ママドル”華彩なな「赤いランジェリーがすごい好き」ベッドでゴロゴロ【画像38枚】

・春野ゆこ「なぜか脱いじゃう」前がユルくてちょっと危ない【画像51枚】

・緑川ちひろ「恥ずかしい娘になっちゃった」親に申し訳ない【画像50枚】

・塩地美澄「元女子アナが手ブラ姿に」グラマスボディは圧巻【画像12枚】