井上和香「22歳でグラビアデビュー」、優木まおみ「エロかしこいの先駆者」、脊山麻理子「女子アナからのグラビア転身」の共通点は!?の画像
※脊山麻理子/画像は本サイトの記事(https://exweb.jp/articles/-/82625)より

〇〇年生まれグラドルを語ろう 1980年編・3

 新旧人気グラドルを生年ごとに紹介、まとめていく新企画。名鑑や人名事典風に使っていただければ、これ幸い! 今回は空前の当たり年、1980年の3回目。どれだけグラドルを輩出しているのか!

【人気記事】加藤圭「言うセリフも凄くて、いままでのDVDにないようなものとか」【独占告白1/12】【画像42枚】

井上和香

1980年5月13日生まれ。東京都出身。T165・B90W60H90。

 2002年、22歳のときに芸能界入り。同年グラビア・デビューを果たし、翌2003年、日テレジェニック2003を受賞、たちまちブレイク。「マリリン・モンローと3サイズが一緒」(小堺一機による指摘。実際の数値は大きく異なる)という触れ込みによる“和製モンロー”の肩書き、さらにはその魅惑の巨乳を称しての“ワカパイ”のキャッチフレーズで各誌グラビア&メディアでひっぱりだことなり、一世を風靡。同年、第41回ゴールデン・アロー賞 グラフ賞も受賞。2004年以降は女優業にも進出、幅広いジャンルでの活動を見せ、徐々にグラビア仕事から遠ざかることに。2012年、映画監督の飯塚健と結婚。その後、一児をもうける。なお、グラビアに関しては「水着は私の原点。望みがあれば水着の仕事もする」と表明している。

【一言解説】

“年長グラドル”の嚆矢といえば、ほしのあきが筆頭に挙がることと思うが、いわゆる“デビュー時の年長グラドル”のそれといえば彼女だろう。デビュー時、22歳。いまなら珍しくないが、2002年当時はレアなケース。同じ高校で同い年の優香がグラビアを卒業してからデビューしたといえば、話がわかりやすいか。“ワカパイ”にしろモンローの件にしろ、肩書きを上手く使った先駆ともいえ、その意味での功績も、胸よろしくとてもとても大きい。

【関連記事】

・東雲うみ「人生で一番小さい水着」ボンデージ衣装の角度にビックリ【画像50枚】

・ふわみん「ほんとはSです」気弱な方をイジめてみたい【画像51枚】

・“元RQ”相田美優「イジめられて喜んじゃう」30歳の新人スレンダー美女【画像52枚】

・夏来唯「ポロリしかなかった」T字とY字水着をたくさん着ました【画像38枚】

・工藤唯「親戚で一番おっきいです」高校1年生でFカップに【画像50枚】