高本彩「エイベックス」から「LDH」に移籍して成功を掴んだグループの最年長【アイドルグループ「最年長メンバー」列伝vo.24】の画像
※画像はE-girls『Celebration!』より

アイドルグループ「最年長メンバー」列伝

「長女タイプがたまらなく好き」「お姉さんキャラに何故かハマる」「推しはグループの年長者ばかり」……これは、そんな指向性をもつアイドルファンのための連載である。毎回1名ずつ、過去半世紀の女性アイドルグループごとに在籍した“最年長メンバー”たちの華麗なる軌跡を綴っていきたい。

【人気記事】イエローキャブの新星・桃月あいり「芸能界に行きたいって気づいたのは高校生なんですけど、そういう気は小さい頃からあったかも」【独占告白5/9】【画像6枚】

第24回 E-girls:高本彩 Aya Takamoto

■エイベックスのアイドルグループの2期メンバー

 E-girlsは、2020年いっぱいでの解散が発表されたものの、コロナ禍でファイナルコンサートツアーが中止に。一時は解散延期も示唆されたが、2020年11月の時点で、今後についてのオフィシャルな発表のない状態が続いている……。

 このグループの最年長メンバーだった時期がもっとも長いのがAyaこと高本彩だ(2017年7月に脱退)。彼女のストーリーは涙なしでは語れないものだ。

 話は2000年に遡る。この年の元日、エイベックスからイチオシの3人組アイドルグループ「dream」がデビューした。だが、当時は『LOVEマシーン』を大ヒットさせたモーニング娘。が人気を独占している頃で、第1期dreamは一定のファンを掴んだものの、今ひとつ大ブレイクとはならなかった。2002年には当時の最年長メンバーだった松室麻衣が脱退。だが、dreamはそこで終わらず、モーニング娘。のノウハウを拝借するかのように、新メンバーを加えて続行されることになる。第2期メンバーとして選出されたのは、なんと6名。つまり、dreamは一気に8人組となり、デビュー時とまったく異なるグループへと変容を遂げるのだ(のちに1名が脱退で7名に)。高本はこのときの新メンバーの1人だった。

【関連記事】

・大原優乃の本誌未掲載カット14枚を大公開!【EX大衆2月号】

・新田恵利、おニャン子クラブの人気を支えた「フツーのちょっとかわいい女の子」

・西野未姫「このときのお腹が一番細い」雑誌『EX大衆』オフショットを披露に反響

・『アイドル戦国時代』が生み出したフォーメーションダンス「振付師・竹中夏海と追う」アイドルダンス総論

・町田穂花「其之四 町田穂花が考えるラストアイドルでの最終目標」【画像24枚】【連載】ラストアイドルのすっぴん!vol.32

・深川麻衣、高山一実、生駒里奈の個人PV「食シリーズ」の変化【乃木坂46「個人PVという実験場」第13回1/4】