にしてもあん肝にえんがわと、そっくり日本酒の当てになる、なんとも和チックで激渋な嗜好。そういえば、茶道の世界を舞台にした、18年公開の映画『日日是好日』では和装も披露。高校での部活が茶道部だったことが買われたようだ。彼女は部活で裏千家を習っていたが、映画では表千家が扱われ、そこで1ヶ月ほど猛特訓?したらしい。すっぴんに近いメイクで、より大和撫子感が出ていた。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 絶対的エース、白石麻衣がついに卒業した乃木坂46だが、「安心してください」とばかりに山下美月がいる。時期シングルで初センターとなるのが決定したばかりだが、先輩白石への憧れは強く、今年1月21日に1st写真集『忘れられない人』のお渡し会をHMV&BOOKS SHIBUYAで行った際も、「卒業はすごく寂しいんですけど、しっかりと先輩のことを見習って、色んなものを受け継いでいけるように頑張りたい」と模範解答ならぬ回答をしつつ、衣鉢を継ぐ覚悟を示した。

 また白石卒業の当日、先月28日に撮った2ショット写真も翌日にはブログにアップし、「どこまでも強くてかっこよくて憧れの存在 これからも必死に背中を追いかけていきます」とも決意表明。ちなみに『忘れられない人』は坂道グループのソロ1st写真集としては史上最多の初版14万部を刷り、発売前に重版となって累計15万部を記録。ファンの期待も明らかに美月に注がれている。

 白石になく、美月にあるのが上記のような和の魅力だろうか。同じ乃木坂の齋藤飛鳥梅澤美波と主演を務めた、映画版の『映像研には手を出すな!』も好評。女優としての可能性は白石以上だと言える。いずれあん肝とえんがわを肴にしての、美月のほろ酔い芝居も見てみたいものだ。

(取材・文=鈴木隆祐)

【関連記事】

・【プレゼント】櫻坂46藤吉夏鈴&松田里奈ほかアイドル直筆サイン入りチェキ等が180名に当たる!

・乃木坂46の秋元真夏が表紙&グラビアに登場!両面クリアファイル、両面ポスター付き【EX大衆12月号】は11月13日発売!

・ハロプロミュージカルの歌唱指導・新良エツ子が語る「アイドルのミュージカル進出の可能性」

・西野七瀬個人PV「沖縄」に存在した「いつの日かの未来」を現時点から見る【乃木坂46「個人PVという実験場」第13回3/4】

・乃木坂46鈴木絢音「胸元チラ&ミニスカワンピで美脚!」写真集先行カットが解禁

アイドル食堂