彼女いわく、「SMを知ったのは7つか8つぐらいのときです」。漫画『ゴルゴ13』を読んだ時に「それっぽい描写」が出てきて、「大人になったらみんなこういうことするんだ」と思っていたらしい。就職活動で「一番力を入れていたことはなんですか?」と聞かれた際には、「SMです」と答えたのだとか。

【人気記事】“コス美女”羽生ゆか「肉感的なプリプリ美尻!」永久保存したい“いいヒップ”【画像4枚】

 なお、『ゴルゴ13』の存在は父親に教えてもらった。その父親からは、「この3つだけは覚えとけ」とも言われてきた。ソルティドッグの作り方、塊チーズをキレイに切る方法、傷が目立たなくなる靴墨の塗り方だという。

「とりあえず、ここを濡らして塩を塗れって言われました」

 また、「バラエティの仕事減ったら怖いなとか考えることはないですか?」と尋ねられた彼女は答える。

「事務所はもちろん商売だからやってかなきゃいけないじゃないですか。そこは折り合いつけていきたいんですけど、基本的には、どこに出しても恥ずかしい女っていうことで」

【関連記事】

・川村亜紀「イエローキャブ谷間の世代」不遇のレジェンドの傑作を忘れるな!

・95年デビューの酒井若菜、10年デビューの壇蜜、20年再ブレイクの熊切あさ美…みんな80年生まれの同い年!

・4位は“あざとい美女”夏本あさみ、1位は謎の海外美女!?「SNS記事」2020年9月の人気ランキング

・ほしのあき、小池栄子、井上和香、井川遥…最強の呼び声高い「東京都2000年代前半」チームが登場!

・橋本マナミ、壇蜜、ほしのあき…「素晴らしい旦那を見つけた人々」グラビアアイドル後の生きる道