2006年からグラビア界でも人気絶頂だった浅尾美和が唯一残したイメージDVDは永久に不滅!の画像
※画像は『浅尾美和ファーストDVD「asao miwa」』より

アイドルイメージDVD名作図鑑 44

浅尾美和『asao miwa』 2007年2月23日リリース

 いまにして振り返ると、なんだったんだ? とも思える“浅尾美和”の一大ブレイク。時期的には2006年終盤から2008年にかけてぐらい。特にグラドル人気に陰りが見られたということもなかったはずだが、それだけグラドル・ファンが貪欲に新たな刺激や対象を求めていたということか。

他の水着記事を読む

 思えば、同時期には真木よう子の大ブレイクも進行しており(本作がリリースされたのと同月、あの『月刊真木よう子』がリリースされている)、“新たな刺激”渇望説はそれなりに当たっているかもしれない。

 さらに思えば、当時はリア・ディゾン人気が着実に高まりを見せている最中で、2006年10月にはカルチャー誌『クイックジャパン』がグラドルに関する総力特集号(表紙はほしのあき)を刊行。1996年に端を発するグラドル・ブーム10年の区切りを経て、次なる時代の章へと移り変わる機運が確実に高まっていた時期と断じていいかもしれない。

【関連記事】

・イエローキャブの新星・桃月あいり「事務所のコンセプトも“もち肌巨乳”ということになるので、焼かないように気を付けてます」【独占告白9/9】【画像6枚】

・山田まりや、嘉門洋子、柳明日香『BiKiNi』で空前のグラドルブームを用意した3人はすべて1980年3月生まれ

・小倉優香、みねりお、奈月セナ、伊織もえ…グラドル界の“リアル峰不二子”は誰だ!?

・宮地真緒「36歳の“まんてん”ボディ」を開陳する写真集発売の思惑とは!?

・最強クイーン・奈月セナ「グラビアが好きな女の子が今後もっと増えればいいなあって思ってます(笑)」【独占告白12/12】【画像10枚】