“ビーチの妖精”の彼女が、人気絶頂を迎える中で唯一リリースしたDVD。その意味と価値においては13年以上経たいまも燦然と輝くものであり、今後も当分、いや、永久に揺らぐことがないと断言したい。

他の水着記事を読む

(文・織田祐二)

浅尾美和

1986年2月2日生まれ。三重県出身。T171・B83W62H86(公表時)。中学・高校でのバレーボール部を経て、卒業後、ビーチバレーに転向。持ち前の美貌で“ビーチの妖精”の名をほしいままにし、バレーファン以外の層からの支持を獲得。モデルやグラビア、タレントとしての活動も並行して行ない、一大ムーヴメントを巻き起こす。とりわけグラドルとして、写真集、DVD、カレンダーのリリース、雑誌表紙など目覚ましい活躍を見せる。2008年、北京オリンピック出場の期待が寄せられるが、惜しくも出場は果たせず。その後、2012年のロンドンオリンピック出場に照準が当てられるも、結局、上位の壁を打ち破ることが出来ず。2012年12月、現役引退を発表。翌年、一般男性と結婚。現在は二児の母として主婦とタレント業を両立中。

【関連記事】

・イエローキャブの新星・桃月あいり「事務所のコンセプトも“もち肌巨乳”ということになるので、焼かないように気を付けてます」【独占告白9/9】【画像6枚】

・山田まりや、嘉門洋子、柳明日香『BiKiNi』で空前のグラドルブームを用意した3人はすべて1980年3月生まれ

・小倉優香、みねりお、奈月セナ、伊織もえ…グラドル界の“リアル峰不二子”は誰だ!?

・宮地真緒「36歳の“まんてん”ボディ」を開陳する写真集発売の思惑とは!?

・最強クイーン・奈月セナ「グラビアが好きな女の子が今後もっと増えればいいなあって思ってます(笑)」【独占告白12/12】【画像10枚】

アイドルイメージDVD名作図鑑