インリン・オブ・ジョイトイが仕掛け人クラタノフと組んだファースト・アルバムはゲルニカを目指していた!?の画像
※画像はJOYTOY『愚民の恋 (通常盤)』より

連載企画『グラビアアイドル歌謡の世界』
第21回 JOYTOY『愚民の恋』(2003年)

 2020年は、とにかくいろんなことがあり過ぎたので、あのインリン・オブ・ジョイトイが44歳にして8年ぶりの写真集を出したことにも、さほど驚きはしなかった。しかしその写真集『しっとりエロテロ2020』の中身には驚いた。

他の水着記事を読む

 容姿が衰えるどころか美しさに磨きがかかり、大胆な露出は全盛期にもひけをとらない。代名詞でもあるM字開脚も披露してくれている。グラビアアイドルとして現役バリバリのクオリティ。惚れ惚れするほど美しい。

 彼女がインリン・オブ・ジョイトイとして活動を始めたのは1990年代後半。「ジョイトイ」とは、写真家・作詞作曲家であるクラタノフという謎の人物とインリンが結成したユニットの名前で、過激でフェティッシュなコスチュームと、「エロテロリスト」という物騒なスローガンは、清純そうな童顔巨乳がひしめく当時のグラビア・シーンで異彩を放っていた。

【関連記事】

・「105cmのバストの女子高生」乃愛の弾けそうなフレッシュボディ【画像5枚】

・“イエローハットCMの美女”月野もも「癒し系ボディ」を大公開【画像3枚】

・松嶋えいみ「きれいなお姉さん」洗練された神ボディ【写真12枚】

・“むちむちギャル”霜月めあ、バストの谷間が眩しすぎる!

・COCO「鍛え上げたボディ」バストもヒップも腹筋も完璧【画像14枚】