もちろん、クラタノフに上野耕路のような音楽的才能はなく、インリンに戸川純のような歌唱力はなかったので、結果的には似て非なるものになっている。ただ、2曲目に収録されている『Get Some Real Fun』は、インダストリアルなビートが印象的なポストパンクの佳曲として、今聴いても結構いける。

他の水着記事を読む

 インリンは現在台湾在住で、3人の子供を育てつつ、日本人向けに台湾情報を発信するコラムニストとして活躍し、YouTubeチャンネルも始めている。そのたたずまいは穏やかかつ上品な常識人のもので、大胆な最新写真集とのギャップが凄い。ちなみに最新写真集のカメラマンは昔と同様にクラタノフで、本当に何者なのかよくわからない。

(文・真実一郎 https://twitter.com/shinjitsuichiro)

Get Some Real Fun/JOYTOY (C)クラタノフ・セルゲイ

 

【関連記事】

・「105cmのバストの女子高生」乃愛の弾けそうなフレッシュボディ【画像5枚】

・“イエローハットCMの美女”月野もも「癒し系ボディ」を大公開【画像3枚】

・松嶋えいみ「きれいなお姉さん」洗練された神ボディ【写真12枚】

・“むちむちギャル”霜月めあ、バストの谷間が眩しすぎる!

・COCO「鍛え上げたボディ」バストもヒップも腹筋も完璧【画像14枚】

グラビアアイドル歌謡の世界