収録時間が微妙に短いのが残念なものの(本チャプター終盤の仰向けの姿の接写の流れ、もっと見ていたいと切実に思ってしまうのは自分だけじゃないだろう)、完全なビキニ姿で奔放に動き回る姿が見られるだけでヨシとすべきか(笑)。

他の水着記事を読む

 その後のバレエに興じるシーンでのお尻の食い込み、セーラー服姿でプールで泳ぐシーンのびしょ濡れ具合、後半のハイライトと呼ぶべきハイレグ調の競泳水着姿(首から胸にかけての部分がシースルーになっているのも個人的嗜好でポイント)でのボディラインの魅惑っぷりなど、随所に見どころが散りばめられているのが本作の醍醐味。

 確かにネット評にもあるようにビキニ姿が少ないのは事実だが(なぜか、肝心のジャケ写のオレンジピンク色のビキニ姿で動く姿が収められておらず)、前述のボクサーパンツ姿からハイレグ水着姿に至るまで、下半身の大盤振る舞いで結果的にそのマイナスを解消している印象もあり、視聴後の後味はまったく悪くない。

【関連記事】

・イエローキャブの新星・桃月あいり「事務所のコンセプトも“もち肌巨乳”ということになるので、焼かないように気を付けてます」【独占告白9/9】【画像6枚】

・山田まりや、嘉門洋子、柳明日香『BiKiNi』で空前のグラドルブームを用意した3人はすべて1980年3月生まれ

・小倉優香、みねりお、奈月セナ、伊織もえ…グラドル界の“リアル峰不二子”は誰だ!?

・宮地真緒「36歳の“まんてん”ボディ」を開陳する写真集発売の思惑とは!?

・最強クイーン・奈月セナ「グラビアが好きな女の子が今後もっと増えればいいなあって思ってます(笑)」【独占告白12/12】【画像10枚】