いや、先に、“隙を感じさせる”と書いたが、それぞれ胸元アップの映像はよーく目を凝らして見ることをオススメする次第で、その箇所を映したカメラの視点が意識的に顔に移行していったかのように思われる場面も……。

他の水着記事を読む

 結論として、グラビア活動で人気を博しながら、DVDや動画に無関心なアイドルが増える傾向にある中、本作をリリースした彼女の決断と気概は大いに賞賛されてしかるべきだろう。

 今後の彼女の歩みを踏まえると、本作は長澤まさみ綾瀬はるか倉科カナあたりの初期イメージDVDの系譜に連なるものといって過言ではなく、その価値はさらに増していくのは必至。

 制作サイド、彼女ともに、相当に計算されて撮影、構成されたフシも感じられ、見れば見るほど奥行きと深みが得られる趣も。ここでは声を大にして一世一代不朽の名作と断じつつ、本稿を締めたい。

(文・織田祐二)

武田玲奈

 1997年7月27日生まれ。福島県出身。T165。2013年12月、「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを受賞し、芸能界入り。その後、『Popteen』(角川春樹事務所)のレギュラーモデルを務める中、2015年2月、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて初水着、初表紙という快挙でグラビア・デビュー。同年3月、映画『暗殺教室』で女優デビューし、活動の幅を広げる。2017年、集英社「グラジャパ!アワード2017」グランプリ、2019年には同栄冠特別賞受賞。モデル、女優を中心に活動を続けながら、コンスタントにグラビア活動もこなすも、2020年1月、『週刊ヤングジャンプ』でのグラビアをもって水着仕事卒業。

【関連記事】

・イエローキャブの新星・桃月あいり「事務所のコンセプトも“もち肌巨乳”ということになるので、焼かないように気を付けてます」【独占告白9/9】【画像6枚】

・山田まりや、嘉門洋子、柳明日香『BiKiNi』で空前のグラドルブームを用意した3人はすべて1980年3月生まれ

・小倉優香、みねりお、奈月セナ、伊織もえ…グラドル界の“リアル峰不二子”は誰だ!?

・宮地真緒「36歳の“まんてん”ボディ」を開陳する写真集発売の思惑とは!?

・最強クイーン・奈月セナ「グラビアが好きな女の子が今後もっと増えればいいなあって思ってます(笑)」【独占告白12/12】【画像10枚】

アイドルイメージDVD名作図鑑