ビキニのサイズは小さめで、キツめに感じられ、生地も薄め。股間のあたりの質感も、見せどころとして十分。中盤の岩場でのゴールドの変形水着着用のシーンや入浴のシーンなどはその格好の映像か。

【人気記事】東雲うみ「アニメ観たことなかったのに「何これカッコイイな」って思ってガンプラを買っちゃったんです」【独占告白8/9】【画像61枚】

 全編に漂うモヤ~っとした感触の真髄は、実は、彼女のボディが時折醸す隙を補うことにこそあるようにも思われ、そこに思い至ると、その画面がまるで気にならなくなるから不思議。なにより、彼女のおっとりしたたたずまいや表情と画面の感触は合致しており、『ののまみれ』というキュートで妙ちくりんなタイトルの真意が俄然浮かび上がってきたりも。

 当時のインタビューを思い返せば、「本当はもっと早くグラビアをやりたかったんです。でも事務所の人に言いづらくて(苦笑)」などと語っていた彼女。なるほど、本作は、本人がそう言うだけの意気込みや秘めた決意が確実に収められている内容になっている。当時(と言ってもほんの7年前だが)グラドル混迷期を脱し、新たな王道グラドル時代を迎えるにあたって、その契機、指針にふさわしいものになっていたのだ。

(文・織田祐二)

おのののか

1991年12月13日生まれ。東京都出身。T168・B83W59H85。2012年、菜々緒小倉優子に憧れ、2人が所属する事務所に履歴書と写真を送付し、芸能界入り。レースクイーンの活動や東京オートサロンイメージガールを務める傍ら、東京ドームでビールの売り子のバイトを続け、“美人すぎるビール売り子”の肩書きで一躍話題の人に。人気グラドルとしてのポジションを確立させる一方、バラエティに精力的に進出。その後、女優としても活動を展開。2020年9月、競泳選手の塩浦慎理と結婚。引き続き、バラエティやラジオ、イベント出演など、精力的に活動中。

【関連記事】

・史上最高ボディ・ななせ結衣「自分の理想のスリーサイズは92、52、92なんです。そこまでいったらプロフィールを直そうかなって」【独占告白1/23】【画像58枚】

・加藤圭「女優さんというのはあんまり考えてなくて。いまはやっぱり、いまの路線だけでいいかなって(笑)」【独占告白12/12】【画像42枚】

・安田美沙子、杉原杏璃、仲根かすみ…様々なことで話題を集めた82年生まれのお騒がせグラドルたち

・桐山瑠衣、奈月セナ、安位カヲル…様々なジャンルでDJをするグラビアアイドルが急増中!?

・磯山さやかから西田麻衣、和地つかさに青山ひかるまで“水パイ”ってどんなパイ!?

アイドルイメージDVD名作図鑑