彼女といえば、巨乳と巨尻での“二刀流グラドル”を任じているが、真の二刀流の意味は、清楚で和風な一面と、迫力満点のボディを指すべきかもしれない。

他の水着記事を読む

「弓道に打ち込んできた存在といえば、奈月セナも忘れてはならず。初段の腕前にして、究極の高身長のプロポーションと抜群の姿勢、清楚なたたずまいでお馴染みですよね。ここ数年で言うと、奈月セナ、東雲うみのほか、書道へのこだわりを表明しつつブレイクを果たした忍野さら、書道師範グラドルで知られる月野夏海、裏千家茶道をたしなむ池尻愛梨あたりが、〇〇道グラドル・ムーブメントのラインと呼べるかも。

 そこに空手、もとい空手道を特技にバラエティでブレイクに至った清水あいりや、目下、ブレイク・ロードまっしぐらで、小学校時代に柔道に打ち込んでいたという美尻娘の来栖うさこ、柔道黒帯にして、先頃リリースされた黒ギャルオムニバス写真集が依然好評の青山めぐも加えておきましょうか」(芸能ライター・織田祐二氏)

【関連記事】

・熊田曜子「水着で濡れるシーンがすごい好き」浴衣をはだけちゃった【画像42枚】

・鶴巻星奈「体中にオイルを塗って」お尻もセクシーになってます【画像56枚】

・涼原あす菜「ほぼハダカで真冬の外に」すっごい寒くてキツかった【画像54枚】

・“伝説のJカップ”桐山瑠衣「パイスラで全力疾走」デビューから13年目、38枚目のDVD発売!【画像54枚】

・泉屋アイナ「念願の貝殻ブラに挑戦!」ずっとやってみたかった【画像67枚】