「思えば、現在のシーンに影響及ぼしまくりのグラドル自画撮り部の部長の倉持由香は、かつて空手で痴漢を撃退して大きな話題を呼びましたし、同じく自画撮り部副部長の吉田早希は茶道と弓道の経験者で知られていました。元々、その萌芽はあったと……。そのあたりを先駆的な動きととらえると、自画撮り部の功績はさらに大きなものになるという結論にも(笑)」(前出・織田氏)

他の水着記事を読む

 現状、グラドルと断じるのは憚れるが、ここにきてグラビアが俄然話題のNMB48菖蒲まりん、『魔進戦隊キラメイジャー』のキラメイグリーン役でブレイク中、グラビア挑戦も好評の新條由芽はともに茶道裏千家で上級の腕前、資格を有することでも知られる存在(新條は書道の師範免許も)。やはり、令和・〇〇道ムーヴメントの流れは確実に来ているといっていいのだ。

(文・山口容子)

【関連記事】

・熊田曜子「水着で濡れるシーンがすごい好き」浴衣をはだけちゃった【画像42枚】

・鶴巻星奈「体中にオイルを塗って」お尻もセクシーになってます【画像56枚】

・涼原あす菜「ほぼハダカで真冬の外に」すっごい寒くてキツかった【画像54枚】

・“伝説のJカップ”桐山瑠衣「パイスラで全力疾走」デビューから13年目、38枚目のDVD発売!【画像54枚】

・泉屋アイナ「念願の貝殻ブラに挑戦!」ずっとやってみたかった【画像67枚】